fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・

朝晩はようやく涼しくなって過ごしやすくなりました。
そうこうしてるうちに、今度は寒い寒いと文句を言うようになる。毎年ですけどね。
報告です。

☆ ミニ鵜籠の2個目です。
  2個目だからうまく出来る、とはいきませんでした。
  立ち上がりに苦労したし、六つ目が揃わなかったし・・・
IMG_1623_convert_20221002213413.jpg
ξ 1個目よりは、良くなってますよ。

☆ 鉄線編みの果物籠です。(野菜籠?)
  立ち上げが難しかったですね。スキマの六角形も揃わなかったです。
IMG_1626_convert_20221002213523.jpg
ξ 果物も野菜もたっぷり運べそうです。

☆ 課題の最後の四ツ目籠(芋振り籠とも)です。
  均一なヒゴ作りが一番大事ですね。皮は薄くしないと後の作業が大変だし、差し縁の出来もヒゴの出来次第で。
  昔から使われてきた日常品を作れて楽しかった。
IMG_1631_convert_20221002213544.jpg
ξ 師匠の石原さんは、僕らが分厚いヒゴで作った籠を見て  長持ちしますよ  と褒めてくれました。

☆ ござ目編みの、尺のそば笊です。
  長かったです。
  前に作った課題2作(パン籠、茶碗籠)に比べて、より生活の中にあるものの感じがして一番好きです。
  上下の縁づくりと、縁の取り付けが難しかった。しばらくは作りたくないと思うけど、早く作れるようにはなりたい。
IMG_1685_convert_20221002213608.jpg
ξ たくさん作ることです。

☆ ござ目編みの、尺のそば笊です。
  ずいぶん時間がかかりました。
  細く割るのが大変で、幅の調整が難しかったです。うまく割れないと後で苦労するんですね。
  上下の縁を作るのも、取り付けも難しかったです。
IMG_1688_convert_20221002213631.jpg
ξ 細く長いヒゴを作るのは確かに大変ですが、これも数ですね。

もう10月です。これからバタバタ忙しくなるんですよね。

                       (キト)
  1. 2022/10/03(月) 18:52:05|
  2. 竹細工の技術継承

【神奈川県山北町】スプーンキャンプin西丹沢

10月8日(土)グリーンウッドワーク暮らしのものづくり体験「斧とナイフで生木を削ってスプーンを作ろう!スプーンキャンプin西丹沢」を開催します!

●開催日時:令和4年10月8日(土) 09:30~16:30
●開催場所:民宿箒沢荘 バーベキューガーデン 
      住所:〒258-0201神奈川県足柄上郡山北町中川728 TEL:0465-78-3501

●募集人数:10名程(中学生以上)※定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
●講師:NPO法人グリーンウッドワーク協会 小野 敦(理事長)、椿 ゆかり
●参加費:5,000円(保険代・材料費込み)
 昼食は各自でご用意をお願い致します。 主催者側で三保弁(1食600円)でご用意出来ます。
 ご希望される方は申込フォームにて別途お申し出ください。

※注意事項・キャンセル料について
 開催日直前のキャンセルはキャンセル料が発生します。
 ・一週間前までは発生しません。一週間から3日前までは参加費の50%。
 ・2日前から当日は、参加費の100%。
●申込方法:下記の申込フォームからお申込みください。
      『10月8日(土)斧とナイフで生木を削ってスプーンを作ろう!スプーンキャンプin西丹沢』
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScBfNCnMkBdUUZ-nmLV7KmwN3uTvCHDSl-bClKlZwgTb7HF4w/viewform?usp=send_form
      申込フォームをご利用出来ない方は、下記事務局宛にメールまたは電話で「お名前・ご住所・年齢・連絡先
      電話番号・メールアドレス」をご記入の上お申し込みください。

<お問い合わせ先>
NPO法人足柄丹沢の郷ネットワーク 事務局
TEL:080-6106-0974
メールアドレス:ashitan.net@gmail.com
  1. 2022/09/30(金) 14:23:04|
  2. 森工塾・講座のご案内

11/26 冬の森のガイドハイクとクリスマスツリーづくり《ろうきん森の学校 森工塾 》

40fd00cc5b25c9c12b3d-1.jpg


冬の森のガイドハイクと
クリスマスツリーづくり


ネイチャーガイドのふくちゃんと一緒に冬の森を歩いて、それまで見えなかった世界に感動。一味違った森の楽しみ方を教えてもらいます。午後からは削り馬と銑(せん)で伐ったばかりのみずみずしい木を削って、素敵なクリスマスツリーをつくります。

━━━━━
開催概要
━━━━━
11/26(土) 10:00~16:00
場 所 古城山ふれあいの森
定 員 10名
対 象 どなたでも(中学生以上は大人料金となります)
受講料 大人5,000円・子ども2,000円
講 師 福島計一(共育工房IPPO)
講 師 小野 敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)


━━━━━━━━
お申し込みについて
━━━━━━━━
受付期間は、各講座開催日の2ヶ月前から1週間前(先着順)です。
参加費の入金をもって受付とします。

オンラインストアの講座の申込みからお申し込みください。大人と子どもそれぞれにチケットがあります。カートに追加していただくと一緒にお申し込みいただけます。

mousikomi.png

申込期間:2022/09/26 00:00 〜 2022/11/19 23:59

━━━━━━━━━
キャンセルポリシー
━━━━━━━━━
申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。キャンセルのご連絡日により、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

①講座開催日15日前までのキャンセル
 ⇒ キャンセル料は発生いたしません。(決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます)

②講座開催日14日前~3日前までのキャンセル
 ⇒お振込み額より、キャンセル料として受講料の半額+決済手数料・振込手数料を差し引いてご返金いたします。

③講座開催日前日~当日のキャンセル(連絡なしの不参加含む)
 ⇒ 受講料の100%のキャンセル料が発生いたします。

恐れ入りますが、お席を確保し、準備を整えてお待ちしておりますので、予めご了承ください。

※返金にかかる決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※当法人の都合での講座中止に関しては、受講料金は全額返金いたします。

━━━━━
注意事項
━━━━━
▶ 子ども料金は小学生以下を対象とします。(乳児は無料)
▶ 申込が定員の半数に満たないときは開催できない場合があります。
▶ 開催日の1週間程前に詳細のご案内をメールにてお送りします。
  持ち物や駐車場の場所等はそちらでご確認ください。
▶ 開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶ 動きやすい服装でお越しください。(サンダルスカート等はご遠慮ください)
▶ 参加費には保険代金を含みます。
▶ 傷害保険に加入しておりますが怪我等には十分ご注意ください。
  1. 2022/09/26(月) 00:00:00|
  2. 森工塾・講座のご案内

11月〜3月 ククサづくり連続講座《2022後期 ろうきん森の学校 森工塾 》

kukusa2.png

5ヶ月かけてスキルアップするから初心者でも自然に上達。

必要な道具がそろって、技術が身につく
\ククサづくり連続講座/のご案内


kukusa1.png

この講座は斧の使い方やナイフワークをひとつずつ身につけ、順番にスキルアップしながらグリーンウッドワークの基本となる技術を学びます。無理のないスケジュールで自然と上達できるから、はじめてでも安心。最終回にはキャンプなどアウトドアブームで人気の「ククサ(木のカップ)」をつくります。
必要な道具も揃うので、講座終了後もグリーンウッドワークを続けることができる、おすすめの講座です。

(現在グリーンウッドアックスの入荷が遅れており11月23日の講座の際には貸出のものをお使いいただきます。講座期間中には現物をお渡しします。)


━━━━━━━━
開催スケジュール
━━━━━━━━
① 11月23日 (水・祝) 斧の使い方とチョッピングブロック 道具:グリーンウッドアックス
② 12月24日 (土) ナイフワーク基本編 道具:ストレートナイフ
③ 1月 28日 (土) ナイフワーク応用編 スプーンをつくる 道具:フックナイフ
④ 2月 25日 (土) 彫る技術 パン皿をつくる 道具:ガウジ(叩きノミ)
⑤ 3月 25日 (土) ククサをつくる 道具:フックナイフ(両刃)

━━━━━
開催概要
━━━━━
場 所 みの木工工房FUKUBE3階(岐阜県美濃市長瀬545)
時 間 10:00〜17:00
受講料 〈一括払い〉69,000円(材料費・道具代・税・保険代金含む) 
対 象 大人(中学生以上)
定 員 10名(先着順・全日程参加できる方に限ります)
講 師 小野敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)

━━━━━━━━
お申し込みについて
━━━━━━━━
オンラインストアの専用ページからお申し込みください。




mousikomi.png

申込期間:2022/09/23 00:00 〜 2022/11/16 23:59

━━━━━━━━━
キャンセルポリシー
━━━━━━━━━
申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。キャンセルのご連絡日により、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
恐れ入りますが、お席を確保し、準備を整えてお待ちしておりますので、予めご了承ください。

(1)受講日15日前まで…なし(決済手数料と振込手数料を差引いて返金)
(2)受講日14日前~3日前まで…受講料の50%
(3)受講日の前日~当日(連絡なしの不参加含む)…受講料の100%

※キャンセル料・決済手数料・振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。
※オンラインストアのシステムの都合上、決済方法ごとにキャンセル時期によって決済手数料が異なります。その都度確認してご連絡しますのでお問い合わせください。
※当法人の都合での講座中止に関しては、受講料金は全額返金いたします。

━━━━━
注意事項
━━━━━
▶ 子ども料金は小学生以下を対象とします。(乳児は無料)
▶ 申込が定員の半数に満たないときは開催できない場合があります。
▶ 開催日の1週間程前に詳細のご案内をメールにてお送りします。
  持ち物や駐車場の場所等はそちらでご確認ください。
▶ 開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶ 動きやすい服装でお越しください。(サンダルスカート等はご遠慮ください)
▶ 参加費には保険代金を含みます。
▶ 傷害保険に加入しておりますが怪我等には十分ご注意ください。
  1. 2022/09/23(金) 00:00:00|
  2. 森工塾・講座のご案内

竹細工講座「鍋敷き」《2022後期 ろうきん森の学校 森工塾 》


2022後期 ろうきん森の学校 森工塾 (もっこうじゅく)
竹細工講座「鍋敷き」


take.png

丸竹を割るところから全ての作業を体験できる本格的な竹細工講座です。
青竹を油抜きをせず生のまま加工する「青物」と呼ばれる竹細工の基本を学びます。
丸竹を割って鉈(なた)や切り出し小刀を使って竹ひごをつくり、「六つ目」を中心に円形の枠にひごを巻きつけてつくります。

━━━━━━━━━
開催概要
━━━━━━━━━
日にち 11月22日 (火)
時 間 9:30〜17:00
場 所 番屋2号館
定 員 8名
対 象 大人(原則として中学生以上)
受講料 5,000円
講 師 安藤千寿香(NPO法人グリーンウッドワーク協会)
《お問い合わせ先》gww.take@gmail.com(竹部会専用アドレス)

━━━━━━━━━
お申し込みについて
━━━━━━━━━
受付期間は、各講座開催日の2ヶ月前から1週間前(先着順)です。
参加費の入金をもって受付とします。

オンラインストアの専用ページからお申し込みください。

mousikomi.png

《お申し込み受付期間》2022/09/22 00:00 〜 2022/11/15 23:59

━━━━━━━━━
キャンセルポリシー
━━━━━━━━━
申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、必ずオンラインストアのお問い合わせからご連絡ください。キャンセルのご連絡日により、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

①講座開催日15日前までのキャンセル
 ⇒ キャンセル料は発生いたしません。(決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます)

②講座開催日14日前~3日前までのキャンセル
 ⇒お振込み額より、キャンセル料として受講料の半額+決済手数料・振込手数料を差し引いてご返金いたします。

③講座開催日前日~当日のキャンセル(連絡なしの不参加含む)
 ⇒ 受講料の100%のキャンセル料が発生いたします。

恐れ入りますが、お席を確保し、準備を整えてお待ちしておりますので、予めご了承ください。

※返金にかかる決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※当法人の都合での講座中止に関しては、受講料金は全額返金いたします。

━━━━━
注意事項
━━━━━
▶ こちらの講座は対象が大人(中学生以上)です。お子さまの同伴参加はできません。
▶ 申込が定員の半数に満たないときは開催できない場合があります。
▶ 開催日の1週間程前に持ち物や駐車場の場所等のご案内をメールにてお送りします。詳細はそちらでご確認ください。
▶ 開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶ 動きやすい服装でお越しください。(サンダルスカート等はご遠慮ください)
▶ 参加費には保険代金を含みます。
▶ 傷害保険に加入しておりますが怪我等には十分ご注意ください。
  1. 2022/09/22(木) 15:25:33|
  2. 森工塾・講座のご案内

竹編み体験 ~ぎふ長良川鵜飼かわまちづくりフェスティバル出展~

10月9日(日)に岐阜市で開催される『長良川鵜飼未来シンポジウム2022』の
サブプログラムとして開催される『ぎふ長良川鵜飼かわまちづくりフェスティバル』
NPO法人グリーンウッドワーク協会竹部会が出展します。

長良川鵜飼で使用される道具を紹介する特設ブースで、舟大工さんと並んでの出展です。
竹編み体験のほか、鵜籠づくりの実演や竹細工の販売を予定しております。
10/8(土)~10(月・祝)はJR岐阜駅周辺でGIFUクラフトフェアも開催していますので、
ぜひ、ついでにお立ち寄りください。

日時: 2022年10月9日(日) 10:00~17:00
会場: JR岐阜駅北口 信長ゆめ広場
内容: 竹編み体験、鵜籠づくり実演、竹細工の販売

竹編み体験

★ミニ四海波づくり(随時、予約可
参加費:1,000円
所要時間:30~45分程度
予約はこちらから
※予約をした方は選択した開始時間5分前にテントの前にお越しください。

★竹リングづくり(随時)
参加費:300円
所要時間:10~15分程度


▼ミニ四海波
四海波(12本ver)

▼竹リング
IMG_7620 (1)
  1. 2022/09/15(木) 15:05:44|
  2. 森工塾・講座のご案内

夏休みは岐阜タカシマヤで WOOD GO!(8月18~21日)


夏休みは岐阜タカシマヤで
WOOD GO!


岐阜タカシマヤに森が出現!
森
8月18日~8月21日 岐阜高島屋にて
木のおもしろさ、モノづくりの楽しさを
体感して学べる木育イベント
「Wood Go!!(ウッドゴー)」
が開催されました。
小学校高学年から中学生を対象とした
木の仕事体験ができるWOODLANDと、
一般の方が参加できるワークショップの2部構成。
グリーンウッドワーク協会はスプーンづくりと
森の万華鏡づくりで出展しました。

グリーンウッドワーク協会の
森の万華鏡づくりは
初日の開場と同時に大盛況!
常連さんの顔も見られてうれしかったー
常連さん

学校でチラシをもらって
万華鏡がつくりたくて来たよってお子さんも。
切って穴あけてチンして貼って結んでと大忙し
手回しドリル

穴あけ

トレイの上

組付け

ちょっきん

最初はオペレーションに慣れなくてお待たせしてしまったり
てんやわんやしましたが無事終わりました。
出来上がったらのぞいてみて。と声をかけると
「すげー!」「わぁ!きれい」
って思わず声が出る子どもたち。
ピース
「キラキラが水みたいだね」って。
うんうん、わかる〜。
こういう表現に出会っちゃうの、たまらん瞬間です
大人はビーズが入ったような万華鏡を知っているから
これは何か入れないの?と聞かたけど
子どもたちは万華鏡自体がはじめてだから
思っていた以上に反応してくれてました。
完成

笑顔

3日分はあるかなと用意した材料は
初日ですっかり無くなり 閉店後大急ぎで材料を確保。
日曜日までの分を追加で用意しました。

土曜日のスプーンづくりは
朴の木をナイフで削り2時間で完成させました。
supu-nn2.jpg

supu-nn.jpg

参加者の中のお一人は中学生。
講師のしめちゃんのお話しをしっかり聞いてくれて、
非常にきれいなスプーンが出来上がりました。

こちらは焙煎屋克之佑さんの
WOOD COFFEE
アベマキコーヒー
アベマキ、ケヤキ、クロモジの3つの樹種を
味見しながら自分で好きにブレンドして
オリジナルのコーヒーを創っちゃう体験。
研究熱心な克之佑さん。
どんどん沼にハマってく感じのお話が楽しいです。
わたしが木 染めでやっている実験も
似たような流れで無限にハマっていくので
その感じよくわかります。
わたしは飲みやすさ重視のブレンドと
せっかくなので個性強めのケヤキブレンドにしました。
参加者ごとにぜんぜん違うんだろうな。
アベマキコーヒーブレンド

WOOD LAND (職業体験)の
伐採専用の重機(ハーベスタ)の操縦体験コーナー。
ハーベスタVR
ハーベスタは
立木の伐採、枝払い、玉伐りが一気にできる
大型の高性能な林業機械。
TVで見てからずっとやってみたかったので
空き時間に体験させていただきました。
わたしはなぜか逆方向にばかり動いて失敗しちゃったけど
想像してたより臨場感たっぷりで楽しかった。

おとなりのブースでは
木遊館のワークショップでお馴染みの
かんな掛けから「木のお花づくり」やってました。
お花も可愛いけど什器のおしゃれさと
お揃いコーデのスタッフのみなさんが可愛すぎる!
削り花
万華鏡づくりに遊びに来てくださった記念に
一緒に写真撮っちゃいました♡

怒涛の4日間でしたが、のべ110人のみなさまに
ヤマザクラの万華鏡をお持ち帰りいただけました。

切ったり貼ったりの面白さを存分に楽しむ様子や
出来上がった万華鏡をのぞいたお子さんの
感動の瞬間に立ち会えたことが何よりのご褒美でした。
二人でのぞく

実行委員会のみなさま、お疲れさまでした。
高島屋という素敵な舞台に出店させて頂き
とても楽しかったです。ありがとうございました 。
(ばきちゃん)
  1. 2022/09/15(木) 07:30:41|
  2. ┗ その他イベント等

9/14 森から色をいただく 草木染ワークショップ《ろうきん森の学校 森工塾 》

森から色をいただく草木染ワークショップ
無事に終了しました。

306947127_5451337304947636_9202783484308110448_n.jpg305274528_5451425358272164_7362991300804366905_n.jpg

当日まで楽しみにしていただきたくて
染めの実験は今日まで秘密にしていましたが
先週火曜日に小野ちゃんと下見をして
この季節どんな植物が旬なのかを確かめていました。

306924209_5451337341614299_8257753195592423769_n.jpg

今回おすすめとしてセレクトしたのは
竹、ナンキンハゼ、ヤマハギ、メリケンカルカヤ、

306888282_5451335691614464_65027561542283554_n.jpg306948592_5451336191614414_8919112409155955433_n.jpg307297083_5451336484947718_2660143376374307775_n.jpg306969707_5451335928281107_8168778499364280488_n.jpg

ススキ、ソヨゴ、クスノキ、スギなど

306893197_5451336328281067_8051578144146455761_n.jpg306980300_5451336594947707_1336658352915244910_n_20221004160146472.jpg306950383_5451336461614387_8305491292586061470_n.jpg307084845_5451337001614333_1227751850075621221_n.jpg

五倍子やクサギなどもあったのですが
量的にきびしいので参考に見てもらうことに。

306569792_5451425341605499_7541999840201627147_n.jpg306982390_5451336881614345_6783364176900081888_n.jpg305923898_5451425478272152_5609162732129242301_n.jpg301992438_5451425634938803_5926299159701270009_n.jpg

これを持ち帰って染め、時間経過や媒染による違いなど
何日か観察したうえで講座にのぞみました。

307041394_5451337024947664_5131158775950013526_n.jpg

ろうきんの森の外にも旬の草木はたくさんありますが
ほんの1時間森を歩くだけでこんなに色が見つかる。


307092108_5451336011614432_2246933004194534847_n.jpg

それを採れたての生々で染めていただく!
感覚はグリーンウッドワークと同じなんです。

同じ黄色に見える人もいると思いますが、
それぞれの色を森から持ち帰って生地に移していくのが
何とも言えない喜びなんです。

307025672_5451336368281063_1615510269570889671_n.jpg

草木染めはシルクなら媒染30分、煮出すのに20分、
染めるのに10分といったところ。

必要な道具は1000円も有れば揃います。
スプーン一本彫るように、気になっている樹を染める。
こんなに楽しいことはない✨

306623382_5451425814938785_2771256577225834822_n.jpg

どんな色に染まるか、染まりやすい植物は?
気になったら染めてみるのがいちばんです。

そんな思いもあって
家に帰ってからも再現できるように
お話させていただきました。

305628831_5451424978272202_9186277682524652890_n.jpg

参加者さんから「下地処理や媒染っているの?」と質問があったので、
綿の生地で実験して実際に比べて見てもらいました。

植物がマイナス(−)の電荷のものだったので、生地を(+)の電荷をもつように下地処理したり金属のイオンと反応させる発色して繊維にもよく定着します。

305403016_5452123454869021_8351585876350790815_n.jpg

写真は右から
⚫︎何も処理せずに染めたもの
⚫︎ミョウバンで媒染してから染めたもの
⚫︎カチオン(+)化の下地処理してから染めたもの
です。違いがよく分かります。


9月中旬と思えない猛暑の中
山歩きと植物採取からはじまる講座を
汗だくで参加してくださったみなさん

306795737_5451424531605580_8022305894015768971_n.jpg

思いがあふれすぎて情報過多だったと思いますが
おつきあいくださりありがとうございました!

302691103_5451425458272154_2593706719816488079_n.jpg

アシスタントをつとめてくれた小野ちゃんも
お疲れさまでした。ありがとうございました!

306133619_5451424894938877_5274750425558370724_n.jpg

302735111_5451425771605456_8273698944545099143_n.jpg
  1. 2022/09/15(木) 00:00:00|
  2. ┗ ろうきん森の学校

VISONで木彫りのお皿づくり(8月14日)

夏だ!リゾートだ!
kiondでグリーンウッドワーク❗️
本日は三重県多気町の商業レジャー施設VISON内の木育施設kiondで木彫りのお皿づくり。
kiond.jpg

ポスター

材料は先日富山県の利賀村で伐採されたホオノキ。
パカンと割れて気持ちいい。
パカンと割れる

材もやわらかく成形もらくちん。
板を平らに

目が詰まっていてとても削りやすい。
大人も子どもも夢中になって、削る削る削る!
シュルシュル削れる

やっぱりホオノキと彫刻刀は最高に相性がいい。
そして何度も言います。
丸刀で黙々と生木を削るのって、滅茶苦茶楽しい!

完成
木目がグラデーションみたいで綺麗!

夜はコンサートとVISON1周年サマーナイトドローンショーをゆっくりと楽しみました✨
ドローンショウ
素敵な夏休みの思い出ができました。
参加者の皆様、kiondのスタッフの皆様
ありがとうございました。
(おの)
  1. 2022/09/14(水) 07:11:09|
  2. ┗ その他イベント等

山県市 六つ目編みの竹かご作り体験

一昨年、去年に引き続き、今年も山県市の北武芸公民館を会場にして六つ目編みの竹かご作り体験を行いました。
実施した9/10(土)は、まだ真夏のように暑かったです。

竹細工のための材料をどうやって作るのかを、ほんのちょっと実演してみました。
1662859068842_convert_20220911113615.jpg

最初の六つ目編みを自分で考えてもらっているところ。
台紙があるんで分かりやすいと思うんですけど、これがなかなか。
IMG_1638_convert_20220911113634.jpg

見かねてお手伝い。
IMG_1642_convert_20220911113703.jpg

出来上がった最初の六つ目を台紙に貼り付けます。
IMG_1644_convert_20220911113727.jpg

六つ目の2周めのを編んでます。
IMG_1645_convert_20220911113740.jpg

底編みが終わった後の立ち上げの作業。
何かよく見えん・・・・右上がりのヒゴをすくってね、その下に横竹(箍とも)を入れるんですよ。六角形と五角形の目が交互にあってね、ってその繰り返し。
1662859067999_convert_20220911113557.jpg

横竹を編み終わって縦竹を折り返してます。仕舞いと言います。
IMG_1659_convert_20220913155126.jpg

縁竹を仮止めしてから、流し巻きというやり方で籐皮を巻いています。
IMG_1669_convert_20220911113807.jpg

籐皮は無理に引っ張ると切れてしまうんで、籐皮を縁竹に押し付ける感じで、ひたすら巻き続け・・・・
IMG_1681_convert_20220911113846.jpg

無事に完成しました。
IMG_1683_convert_20220911113902.jpg

みなさんの感想です。
  ●指導の先生が丁寧に教えていただけたので、とても楽しくできました。
   ありがとうございました。
  ●市内から遠いので車でなく、バスで来れると嬉しいです。
  ●とても楽しみにしていたので、嬉しいです。ありがとうございました。
  ●楽しく作ることができました。ありがとうございました。
  ●1日で終わる竹ひごと簡単な細工でもよいです。市役所の方が負担にならない形で続けてもらえればいいです。

 暑い中お疲れさまでした。
                       (キト)
               

  1. 2022/09/13(火) 20:07:41|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | コメント:0
次のページ