GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

大阪のグリーンウッドワーカー

大阪でカフェSOTOを経営する福畑さん。
今までお庭に置かれた足踏みろくろにはブルーシートが掛けられていましたが、
素敵なテントができました。
ポールも木の枝に変えたそうです。
まるでマイクアボットさんの著書「LIVING WOOD」の表紙のような風景です。
P1080303.jpeg

そして、このほど新しく削り馬も自作されました。
全て地元の能勢の木を使っているそうです。
P1080334_4.jpeg

素敵な作品もどんどんとつくられています。
P1080311.jpeg
こんなカフェでのんびり一日過ごしてみたいものです。

(小野)
スポンサーサイト



  1. 2015/04/27(月) 23:11:33|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都の路地裏にて

京都在住で「グリーンウッドワークかんさい」の冨田さんから、写真が届きました。
IMG_20150307_074821.jpg

冨田さんは、12月~1月にかけて近江舞子のほとり・ポトリで実施したラダーバックチェア講座に参加していただきました。
クリのフレームをアンモニアで茶色に着色したそうです。

椅子の茶色と、座の真田紐の柄が京都の路地裏の石畳とよく似合います。

この椅子に興味を持たれた方、
陽がほらで椅子づくり~ラダーバックチェア~
参加者募集中です。
>>>応募はこちらから

(小野)
  1. 2015/03/23(月) 13:27:38|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カフェのお庭でグリーンウッドワーク

大阪府能勢町にあるカフェsotoのオーナー福畑さんは、
今年関西で行った「指導者養成講座・初級編」の卒業生です。
IMG_4269.jpg

カフェのお庭の一角には自作の削り馬と足踏みろくろが置かれています。
お店の中にもオーナーの作品がずらりと並んでいます。
IMG_1473.jpeg

12月は3000円以上お食事の方に、なんとツリーをプレゼント中。
人気の為、毎日ツリーづくりに勤しんでいるそうです。
IMG_1478.jpeg
因みに、soto(ソト)とはスペイン語で「雑木林」を意味します。
ツリーの材料は、雑木林の代表選手、クヌギを使っているそうです。
クヌギは目切れしにくくて、ツリーには最適と福畑さんはおっしゃっていました。

ツリーを削るときに、削り馬で押さえる部分は後で切断します。
その切断した部材の有効利用として、このサンタさんをつくっておられます。
IMG_1479.jpeg
これも販売中とのこと。

この素敵なカフェに是非一度足をお運びになってはいかがでしょうか。
(小野)
  1. 2014/12/18(木) 18:41:48|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杜松の椅子

今年の9月・10月に行われた丸太からの椅子づくりの参加者の方からお便りが届きました。

多治見市にお住いの各務さんは大きな工房をお持ちです。
講座でつくった椅子は背もたれの角度がしっくりと来なかったため、
杜松(ネズ)の木を使って再挑戦。
unnamed.jpg

後ろ脚の曲げ木の位置を下げました。
リラックスした感じで座ることができるそうです。
unnamed2.jpg

この杜松は節が多くて大変だったそうです。
粘り強い木なので断面を随分と細くしたようです。
各務さんは、また別の樹種でも制作予定とのこと。
次はどんな椅子ができるか楽しみです。
(小野)
  1. 2014/12/03(水) 22:06:56|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラダーバックチェア~店舗の椅子

椅子づくり参加者の渡辺洋平さんからお便りが届きました。

渡辺さんは木工機械や刃物などの通信販売を手掛けている専門店「オフ・コーポレイション」の実店舗「工房スタイル」を経営されています。

>>>オフ・コーポレイションのHP
>>>工房スタイルのHP

椅子は工房スタイル店内のお客さんがちょっと座れるスペースにマイクアボットさんの本と一緒においてあります。
2013-12-15 1

その椅子に座ってお茶を飲んだり、読書したりしてもらっているそうです。
2013-12-15.jpg

椅子自身も話題のタネにも一役買っているとのこと。
本当に嬉しく思います。

「改めて、いい椅子が出来ました。」との感想をいただきました。
ありがとうございました。
(小野)
  1. 2013/12/28(土) 08:00:04|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラダーバックチェア~事務所の椅子

今年の9月と10月の6日間掛けて行われた椅子づくり講座の参加者の方からお便りが届きました。

岐阜県山県市で1級建築士事務所を経営している田中伸裕さん。

>>>田中伸裕建築事務所のHP

事務所の打合せ椅子として使われているそうです。
131213-1.jpg

若干、艶っぽさが出てきたそうで飴色とまでは行きませんが色づいてきたとのことです。
131213-2.jpg

田中さんはご自身のブログでも椅子づくりについて詳しく紹介してくださっています。

>>>1日目
>>>2日目
>>>3日目
>>>4日目
>>>5日目
>>>6日目
>>>完成
>>>あかりアート

大事に使ってもらっているようで嬉しいです。
(小野)
  1. 2013/12/26(木) 16:33:50|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

うれしいお便り

木のスプーンづくり講座を受講していただいた県内在住のKさんからお便りが届きました。

講座でつくったスプーンを今でも使ってくださっているそうです。
スプー~1

ろくろを使ったスプーンづくりの場合、半分に割った片方は時間の関係上、当日完成できないため参加者の方に持って帰ってもらうこと多いのですが、この度自宅で2本目を制作されたとの報告がありました。
2本め~1

↓Kさんのブログ
>>>「つくる 木のスプーン 木の器」

ブログをご拝見すると、いろいろとこだわりを持ってものづくりに取り組んでいらっしゃることがうかがえます。

Kさんには木のスプーンづくり講座の受講をご縁に、グリーンウッドワーク協会にご入会いただきました。

これから、グリーンウッドワーク協会のブログでも、講座などでつくった作品が実際の生活で使われている場面をご紹介できればと思っています。

Kさんありがとうございました。

(小野)
  1. 2013/10/05(土) 12:05:57|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拭き漆のラダーバックチェア

二年前、森林文化アカデミーで開催したドリュー・ランズナーさんの
椅子づくり講座に参加した、静岡県の平松さんからお便りが届きました。

講座終了後に自宅工房で制作したアーム付きのラダーバックチェアです。
マイク・アボットさんの椅子は後ろ脚のカーブが非常に優美です。
dsc_0511.jpg

材料はクヌギ
拭き漆で仕上げると、より高級感が増しますね。

制作の様子はこちらのブログをご覧下さい。
>>>フォーハンズ日乗

(小野)
  1. 2012/09/06(木) 18:00:28|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

豊島区での指輪づくり

東京都豊島区在住でグリーンウッドワーク協会会員の上田さんから、
6月に行った講座の報告が届きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月24日(日)にグリーンウッドワークの指輪づくりを行いました。
当日は天気も良く、会場の目の前の公園でやりたかったところですが、
許可が下りず、予定通り区民集会室の2階で開催しました。
16人募集して11名予約、飛び入りで2名の計13名の参加。
ほとんどが親子での申し込みで、一番下は4歳の女の子でした。
ドリルで穴開け[1]

材料は、区内の公園で伐り出された支障木の桑を、公園緑地課の方に
譲っていただきました。
木の話[2]

2台の足踏みろくろを用意して、午前の部、午後の部と2回に分け、
さらに制作グループと「木」のワークショップグループの2班に分かれ
交代で制作して頂きました。
ろくろで制作2[2]

参加者からは、
「生木が冷たかった」
「丸太からちゃんと指輪になったことに感動した」
「削りくずでツヤを出すのが興味深かった」
などなどの感想を頂き、目的としていたものづくりの楽しさ、
木という素材のおもしろさを体感してもらうことができたようです。
お父さんお母さんも制作中[1]

次回は、9月に2回(8日・22日)行う予定でいます。

木工房~木林森~
上田

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白木のろくろがまぶしいですね!
東京でのグリーンウッドワークの普及に向けて頑張ってほしいと思います。

この取り組みとは別に、豊島区内の廃校を利用したNPO法人いけぶくろ大明と
連携して、夏休みに親子向けの木工教室を行うそうです。
8月19日に指輪作りを予定しています。
今後、木林森は、向いている方向が同じだったり、大事にしているトコが
共感できるような団体とつながって活動していくそうです。

(小野)
  1. 2012/07/22(日) 17:00:00|
  2. グリーンウッドワーカーの紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0