fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

夏休みは岐阜タカシマヤで WOOD GO!(8月18~21日)


夏休みは岐阜タカシマヤで
WOOD GO!


岐阜タカシマヤに森が出現!
森
8月18日~8月21日 岐阜高島屋にて
木のおもしろさ、モノづくりの楽しさを
体感して学べる木育イベント
「Wood Go!!(ウッドゴー)」
が開催されました。
小学校高学年から中学生を対象とした
木の仕事体験ができるWOODLANDと、
一般の方が参加できるワークショップの2部構成。
グリーンウッドワーク協会はスプーンづくりと
森の万華鏡づくりで出展しました。

グリーンウッドワーク協会の
森の万華鏡づくりは
初日の開場と同時に大盛況!
常連さんの顔も見られてうれしかったー
常連さん

学校でチラシをもらって
万華鏡がつくりたくて来たよってお子さんも。
切って穴あけてチンして貼って結んでと大忙し
手回しドリル

穴あけ

トレイの上

組付け

ちょっきん

最初はオペレーションに慣れなくてお待たせしてしまったり
てんやわんやしましたが無事終わりました。
出来上がったらのぞいてみて。と声をかけると
「すげー!」「わぁ!きれい」
って思わず声が出る子どもたち。
ピース
「キラキラが水みたいだね」って。
うんうん、わかる〜。
こういう表現に出会っちゃうの、たまらん瞬間です
大人はビーズが入ったような万華鏡を知っているから
これは何か入れないの?と聞かたけど
子どもたちは万華鏡自体がはじめてだから
思っていた以上に反応してくれてました。
完成

笑顔

3日分はあるかなと用意した材料は
初日ですっかり無くなり 閉店後大急ぎで材料を確保。
日曜日までの分を追加で用意しました。

土曜日のスプーンづくりは
朴の木をナイフで削り2時間で完成させました。
supu-nn2.jpg

supu-nn.jpg

参加者の中のお一人は中学生。
講師のしめちゃんのお話しをしっかり聞いてくれて、
非常にきれいなスプーンが出来上がりました。

こちらは焙煎屋克之佑さんの
WOOD COFFEE
アベマキコーヒー
アベマキ、ケヤキ、クロモジの3つの樹種を
味見しながら自分で好きにブレンドして
オリジナルのコーヒーを創っちゃう体験。
研究熱心な克之佑さん。
どんどん沼にハマってく感じのお話が楽しいです。
わたしが木 染めでやっている実験も
似たような流れで無限にハマっていくので
その感じよくわかります。
わたしは飲みやすさ重視のブレンドと
せっかくなので個性強めのケヤキブレンドにしました。
参加者ごとにぜんぜん違うんだろうな。
アベマキコーヒーブレンド

WOOD LAND (職業体験)の
伐採専用の重機(ハーベスタ)の操縦体験コーナー。
ハーベスタVR
ハーベスタは
立木の伐採、枝払い、玉伐りが一気にできる
大型の高性能な林業機械。
TVで見てからずっとやってみたかったので
空き時間に体験させていただきました。
わたしはなぜか逆方向にばかり動いて失敗しちゃったけど
想像してたより臨場感たっぷりで楽しかった。

おとなりのブースでは
木遊館のワークショップでお馴染みの
かんな掛けから「木のお花づくり」やってました。
お花も可愛いけど什器のおしゃれさと
お揃いコーデのスタッフのみなさんが可愛すぎる!
削り花
万華鏡づくりに遊びに来てくださった記念に
一緒に写真撮っちゃいました♡

怒涛の4日間でしたが、のべ110人のみなさまに
ヤマザクラの万華鏡をお持ち帰りいただけました。

切ったり貼ったりの面白さを存分に楽しむ様子や
出来上がった万華鏡をのぞいたお子さんの
感動の瞬間に立ち会えたことが何よりのご褒美でした。
二人でのぞく

実行委員会のみなさま、お疲れさまでした。
高島屋という素敵な舞台に出店させて頂き
とても楽しかったです。ありがとうございました 。
(ばきちゃん)
  1. 2022/09/15(木) 07:30:41|
  2. ┗ その他イベント等

VISONで木彫りのお皿づくり(8月14日)

夏だ!リゾートだ!
kiondでグリーンウッドワーク❗️
本日は三重県多気町の商業レジャー施設VISON内の木育施設kiondで木彫りのお皿づくり。
kiond.jpg

ポスター

材料は先日富山県の利賀村で伐採されたホオノキ。
パカンと割れて気持ちいい。
パカンと割れる

材もやわらかく成形もらくちん。
板を平らに

目が詰まっていてとても削りやすい。
大人も子どもも夢中になって、削る削る削る!
シュルシュル削れる

やっぱりホオノキと彫刻刀は最高に相性がいい。
そして何度も言います。
丸刀で黙々と生木を削るのって、滅茶苦茶楽しい!

完成
木目がグラデーションみたいで綺麗!

夜はコンサートとVISON1周年サマーナイトドローンショーをゆっくりと楽しみました✨
ドローンショウ
素敵な夏休みの思い出ができました。
参加者の皆様、kiondのスタッフの皆様
ありがとうございました。
(おの)
  1. 2022/09/14(水) 07:11:09|
  2. ┗ その他イベント等

垂井町の木で色えんぴつをつくりました(8月14日)

垂井町の府中地区まちづくりセンターへ
森の色えんぴつ講座に行ってきました。

垂井町の面積の約6割を占める森林に
より親しんでいただくことを目的に
今年度初めて企画された講座です。

34組、60人以上の親子の参加で
お申込みも早々に埋まり1部、2部とも大盛況。
グリーンウッドワーク協会からはわたし椿としめちゃん
まゆっぺ、てっちゃんの4人体制です。
削り馬

樹種は垂井町の岩手山林管理組合の方が
岩手谷地区に自生する樹木を採集してくださって
ケヤキ、ツバキ、アラカシ、サカキ、カナメモチ、
アカマツの6種類用意しました。
樹種

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で
1部屋に入れる人数が制限されることになり
急遽作業ごとに部屋をわけて
10人ずつ時間をずらしながらすすめることに。
パズルのようにそれぞれの部屋での動きを組み立て
なかなかスリリングな展開でしたが
他の部屋の様子が見えない中、タイムテーブルを頼りに
それぞれが臨機応変に動いて
無事に講座を終えることが出来ました。
完成

それぞれの樹種のお話や木のクイズには
子どもたちが積極的に答えてくれて
珍しい樹種をたくさん知っている子や
ケヤキは垂井町の木、ツバキは垂井町の花!
と知っている子も。
木の名前ぜんぜんわからない。という子でも
マイクラで知ってる木はある?とか
果物のなる木は?と聞けばどんどん出てきます。
色えんぴつの見本の中に今日の木と似ている木はある?
さわって、嗅いで、樹皮の色や質感の違いを観察。
日本の鉛筆メーカーのほとんどは
北米産のヒノキの仲間の木を使っているけど
今日使うのは、伐ったばかりの垂井の森の木。
色えんぴつづくりに入ったら
お話を聞きながら「この木がいい!」と
決めていた子が多く、ケヤキやツバキが人気でした。
身近な木のことを知って
少しは木に親しみを感じてもらえたかな。
森づくり看板

講座終了後には府中地区の敷原にある
cafe・木工房結さんのご協力で
手づくりの木製プレートで軽食を味わう予定でしたが
こちらもコロナ対応でテイクアウトに。
私たちもお土産に頂いてしまいました。
お菓子

お菓子プレート

cafe・木工房結さんは奥さまのカフェと
ご主人の木工房が同じ敷地内にあり
シェーカーボックスや曲げわっぱなどを
つくられているそうで
インスタには素敵な写真がいっぱい。
むすび

夏の繁忙期が落ち着いたら訪ねたいです。
cafe・木工房結さん

垂井町でははじめての取り組みでしたが
とっても良い講座になりました。
上手

いろんな木でたくさんつくりたい!
疲れたけど楽しかったよ。と
うれしい声も聞けたので
また来年に続いていくと良いですね。
完成7

完成6

完成5

完成④

完成③

完成2

(ばきちゃん)
  1. 2022/09/13(火) 07:39:01|
  2. ┗ その他イベント等

地元の子どもたちがみの木工工房FUKUBEに集結(8月11日)

この日は下牧公民館主催のものづくり講座。
みの木工工房FUKUBEに、
地元下牧地区の子どもたちが集まり、
2時間たっぷり色えんぴつづくりを楽しんでくれました。
集合写真

2階多目的室がグリーンウッドワークの工房になって、
地元の子どもたちが楽しく削る姿は本当に嬉しい光景です。
全体風景

削り馬

ナイフワーク

いっぱい作ったよ

出来上がり

そして、今は廃校になった校舎で、
かつてこの学びやで過ごしたお父さんが、
夢中になって削る姿も、感慨深いものがありました。
お父さん
(おの)
  1. 2022/09/11(日) 08:25:04|
  2. ┗ その他イベント等

森で子どもと遊べる大人になろう 入門編(8月7日)

あいち海上の森センターで
「プロに学ぶ!森で子どもと遊べる大人になろう 入門編」
第4弾「木工のプロからナイフワークを学ぼう」
という講座の講師として呼んでいただきました。
チラシ

今年3月に木工家や保育士、自然体験活動指導者のいわゆるプロ向けに
「子どものナイフワーク指導者講習会」を開催しましたが、
今回は言うなればアマチュア向けの講座。

そんな人たちに受け入れてもらえるか、不安はありましたが、
蓋を開けてみれば全くそんな心配はなく、
講義や研ぎのデモは真剣に聞いていただき、
講義

研ぎ

実技の時間はナイフワークのコツを掴むと、
時間を忘れて削り続ける人や、
ナイフワーク

デコレーションに凝る人などなど、
飾り付け

目をちょんちょん

時間ギリギリまで盛り上がって、
充実した講座となりました。
ハート豚

ヤマアラシ

耳がダンボ

猫

瓜坊

みんな集合

この講座をきっかけにして、
子どもたちと一緒に森に入って楽しめる大人になってもらえると嬉しいです。
(おの)
  1. 2022/09/10(土) 00:10:17|
  2. ┗ その他イベント等

みやまの森で木と親しむ体験事業2022(8月4日、5日)

みやまの森で木と親しむ体験事業
この事業も、山県市さんから依頼を受けて今年で5年目になります。
毎年参加してくれる常連の家族も多く、
一年に一回の再会にこちらも何だか嬉しくなります。

本日のアイテムお家づくりの説明から
真剣なまなざし

子どもたちの真剣な眼差しが嬉しいですね!
真剣2

銑で削る

子どもたちのイマジネーションには毎回驚きと感心の連続。
飾り付け

鉄格子の牢屋、森の家、あえて屋根に削り痕を残したり、僕らの考えつかないようなものがどんどん生まれてきました。
牢屋

森の家

削り跡

初日煙突

初日茅葺

一戸建て

初日家が並んでる

これだからやめられない!
(小野)
  1. 2022/09/09(金) 08:56:20|
  2. ┗ その他イベント等

ぎふ木遊館ギャラリーで企画展を開催しました。


ぎふ木遊館ギャラリー企画展
美濃市産材を使ったおもちゃ開発
みの木工工房FUKUBE×大同大学


287302825_5210877692326933_1501812507674738692_n.jpg287325758_5210877885660247_3928296485147147638_n.jpg

6/21(火)から7/10(日)まで
ぎふ木遊館にて美濃市産材をつかったおもちゃ開発
みの木工工房FUKUBE×大同大学の企画展を行いました。

IMG_2893.jpg

木遊館のギャラリー見学のみの場合は予約や入館料は不要ということで
企画展を知った方が来館して見にきてくださったそうです。

287426627_5210877912326911_8641502606604421711_n.jpg287398258_5210878042326898_2454507276925908966_n.jpg

グリーンウッドワーク協会では
出張講座や森工塾の合間にこういうお仕事もしています。

289398204_4918646248265203_3914857410655348942_n.jpg289232353_4918645814931913_2084144293945267058_n.jpg

289234409_4918646291598532_7118846904255530077_n.jpg289425422_4918645428265285_6951953175158640055_n.jpg

289335891_4918644271598734_5549478972820318027_n.jpg289340444_4918644068265421_7024219840734377091_n.jpg

289576386_4918643601598801_5981923574975918605_n.jpg289350748_4918645238265304_8183269469451086665_n.jpg

今回の企画展は昨年から取り組んでいる
大同大学の学生さんとのおもちゃ開発がテーマ。

そのほかにみの木工工房FUKUBEで行っている
おもちゃの試作品や美濃市の木育なども展示しました。

①美濃市の紹介

IMG_2906_20220720204429f5b.jpg

②美濃市の木育推進の取り組み

IMG_2907.jpg

③みの木工工房FUKUBEについて

IMG_2909.jpg

④FUKUBEで開発したおもちゃについて

IMG_2910_2022072020442208c.jpg


《産学官連携により開発中の木のおもちゃ》

⑤ 六角形に丸めて持ち運べる木琴
 「Hexaphone(ヘキサフォン)」

IMG_2911_202207202044244ba.jpg

⑥ 樹種によって音が変わるドミノ
 「HAPINO(ハピノ)」

IMG_2912_202207202044256bc.jpg

⑦ 木の育ちをテーマにしたボードゲーム
 「木生(もくせい)すごろく」

IMG_2913_20220720204426d6f.jpg

⑧ 今回コラボした大同大学の授業の紹介

IMG_2899.jpg

⑨ グリーンウッドワーク協会の紹介

IMG_2921.jpg

⑩竹部会の紹介

IMG_2922.jpg

と、かなり盛りだくさんです。

7/2(土)には、発案した学生たちが
試作したおもちゃのモニター調査もやりました。

ぎふ木遊館の利用者に試作品で遊んでもらって
改良に向けたアンケート調査を学生が実施。
そうした結果を反映して今後はそれぞれのおもちゃをブラッシュアップしていきます。

プレスリリース
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/pressrelease/230468.html

ぎふ木遊館
岐阜市学園町2-33 10:00~17:00 水曜休館
https://mokuyukan.pref.gifu.lg.jp/

グリーンウッドワーク協会 ばきちゃん
  1. 2022/07/11(月) 20:26:34|
  2. ┗ その他イベント等

ろうきん森の学校@千葉

3年ぶりにろうきん千葉ニュータウンのビルで
グリーンウッドワークのWSを開催しました。

286920658_5204641066283929_8207307984586523779_n.jpg

久しぶりに労働金庫連合会の職員の方々に、
リアルなものづくりを体験していただくことできるようになりました。

286682312_5204641036283932_1494018009763667946_n.jpg

材料は山桜を岐阜から持ってきました。

286987813_5204639912950711_3512284369038222022_n-1.jpg

3日前に伐ったばかりなので、まだ瑞々しく柔らかくて
ナイフを入れるのが気持ちいい!

286720547_5204640309617338_7692486587755397742_n.jpg286809037_5204640166284019_4742196854851857004_n.jpg286694594_5204640322950670_190161648579390439_n.jpg

だんだん集中して没頭する参加者のみなさん。
オフィス街に静かに木を削る音だけが響きます。

286819483_5204640882950614_6976184343598817263_n.jpg286987949_5204640426283993_5053608231331997039_n.jpg286889629_5204640532950649_6445578673663117369_n.jpg

大きいの、小さいの、とんがりやまるっこいのなど、まるで本物のキノコのような多様性ですね。
削り終えたら好きな長さでカット。

286691942_5204640646283971_2240714503916168078_n.jpg286751845_5204640906283945_525273104454965894_n.jpg286712597_5204640416283994_8772260033708321124_n.jpg

思い思いの色を塗って完成です。
できあがったきのこをケヤキの台に飾ります。

286982355_5204640632950639_6233421728133994749_n.jpg286964276_5204640522950650_3372830891858688546_n.jpg

いつも通っているオフィスの中庭に
かわいいきのこの森ができあがりました。

286883566_5204646006283435_3090989562463014035_n.jpg275784569_5204645879616781_6260875087899998970_n.jpg286692931_5204639919617377_8503844584245891979_n.jpg


286888425_5204656879615681_6609768723981892672_n.jpg

午後からのワークショップは削り馬と銑で
おうちづくりです。

286686384_5204656169615752_4380605741580931390_n.jpg

材料は午前中と同じヤマザクラ。
う〜ん、どれにしよう。

286726379_5204657592948943_8265569748105086839_n.jpg286717024_5204656502949052_5777503520165347702_n.jpg286663117_5204656239615745_6515319344697318080_n.jpg

ケヤキの地面にミニチュアのお家をならべたら
庭木や乗り物も作りたくなってアレンジもいろいろ。
夢中で削る姿がとてもうれしいです。

286678417_5204656989615670_4342421172514673502_n.jpg286968808_5204657356282300_3998082843104732168_n.jpg

デスクにこんな案内があったら楽しい!

286731126_5204657129615656_3299468582775731028_n.jpg286709505_5204657296282306_5639864643081109456_n.jpg

屋根をつけたり色を塗ったり。

286460804_5204658286282207_6020094011495998768_n.jpg286910112_5204657919615577_505364943738778017_n.jpg

午前中から連続して参加した方はきのことおうちをコラボ。

288786136_4902369606539433_6065745545546438172_n.jpg289052425_4898493363593724_847515130232139802_n.jpg

ジオラマづくりは大人もついつい夢中になっちゃいます。新幹線はお父さんたちの作品。

289151777_4902369826539411_2413764825127240950_n.jpg

外での作業には最高の曇り空。
涼しい風が吹き抜けて心地良い1日でした。

次回は美濃の森で宿泊型の森もり体験です。
お会いできるのを楽しみにしています!

グリーンウッドワーク協会 ばきちゃん
  1. 2022/06/19(日) 11:23:41|
  2. ┗ その他イベント等

4/10 第18回川と山のぎふ自然体験活動の集い

第18回川と山のぎふ自然体験活動の集い
〜みんなで集まってまあるくなろう!〜

豊かな川と山を舞台に
自然体験、エコツアー、アウトドア、音楽、アート、農、パーマカルチャー、食、
歴史、伝統、地域活性、暮らし、コミュニティビジネスなどなど、
県内を主な舞台に様々な切り口で活動する人たちが
集い交流しながら いろんなものを生み出してきた「川と山のぎふ」

今年のテーマは『 ま る 』

278241565_4708140815962314_8155861916496514322_n.jpg

ということで「まる」をテーマに多種多様な現場やフィールドから人が集い、
分科会を通して交流したり、互いの技術やアイデアを交換したり、
はたまたライブで混ぜ合わせたりと、みんなで「まあるく」集いました。

NPO法人グリーンウッドワーク協会は
足踏みろくろを使った「まあるい」木の指輪づくりで出展。

277738504_1937443326456858_7753086433333492907_n.jpg

朝イチの思いつきで急遽山から竹を伐り出して、ろくろにセッティングしました。
長ーい竹のしなりを利用して、ろくろを回します。

278222444_4708259005950495_1668121634725569512_n.jpg

今日使う材は、数日前にろうきんの森でリョウブの幹を一本いただきました。

277748365_4693180374125025_2789018604879221237_n.jpg

切ってみると切断面から水が溢れ出し、枝先には美味しそうな若葉。

277978072_4693180484125014_4722017016919021589_n.jpg277791345_4693180597458336_2822129173425228253_n.jpg

葉っぱを生で食べてみましたが、思った通りもしゃもしゃしてまずいw
昔の人はよくこんなものをリョウブ飯にして食べたモンだとほんと不思議です。

277817355_4693180414125021_3185178322916410183_n.jpg

今回はたくさんの人にろくろを楽しんでもらえるように、材料の仕込みの下準備も万端です。

277983911_4693180564125006_2343867238670605660_n.jpg

瑞々しさを保つため真空パック!
一本のリョウブの命の大切さを伝えながら指輪づくりを楽しんでもらおうと思います。

278111188_5012856588795712_8854976912749993594_n.jpg

直径5cmほどの切ったばかりのリョウブ枝を輪切りにして穴をあけたものを軸に通し
足踏みろくろで回転させながら削ると、どんどん薄くなっていきます。

278099253_5012856968795674_8919499535900818713_n.jpg

機械を使わないので小さなお子さんでも安心して楽しめます。

278122274_5012857028795668_472543859260153941_n.jpg278103733_5012857305462307_8959811651772479694_n.jpg

親子でたくさん挑戦してくれて、下は3歳から、上は60代まで
リョウブの生木をシュルシュル削る体験を楽しんでいただけました😊

278104706_5012857512128953_6805401622557147874_n.jpg

さっきまで森で生きていたみずみずしい木はとってもやわらかく、
さわるとまだしっとり&ひんやりして水分がたくさんなのがわかります。
刃の角度が上手く当たるとシュルシュルーっと削れて気持ちい!
思わず「おー!楽しい!!」と笑顔になっちゃいます!

278100291_5012857128795658_499929000181009865_n.jpg

削り終えたあと、紙やすりで磨いただけでも白っぽくてきれいなのですが
最後に削り屑を押し当てて磨くと艶がでてピッカピカに輝きます。

278115045_5012856735462364_3144225498208230674_n.jpg

出来上がった指輪には、焼きペンを使って絵を描きます。

278126382_5012857185462319_392917592144165936_n.jpg278115285_5012857258795645_4245214890075093283_n.jpg

みなさん指輪の小さなスペースに思い思いの模様を描いて
とても素敵に仕上がっていました✨

278100270_5012857532128951_6346496885993301655_n.jpg278115678_5012856918795679_5608814909068421814_n.jpg
278115725_5012858005462237_5766995194184269380_n.jpg278117265_5012858052128899_359390876359023862_n.jpg
278125454_5012858268795544_7446492329406162828_n.jpg278114167_5012856848795686_6914388315983789342_n.jpg
278103744_5012856902129014_9144062267354975556_n.jpg278107371_5012857682128936_1822683585585032950_n.jpg
278128320_5012856685462369_3581963983698786028_n.jpg278127528_5012857418795629_993216794635153248_n.jpg

朝イチで午前午後の予約が完売となってしまいお断りしたみなさま、ごめんなさい💦
次の機会があれば、整理券配布のアナウンスをわかりやすくしますね。
またどこかで見かけたらぜひぜひご参加ください♪

278108171_5012857832128921_3637884394875157629_n.jpg

詳しいイベントレポートは
morinosのJIRIさんの活動報告も見てね!
https://morinos.net/report/5751/

文責:ばきちゃん

20220412182522bb0.jpeg
  1. 2022/04/12(火) 11:36:52|
  2. ┗ その他イベント等

3/13 chattanaの森でスプーンづくりワークショップ

木育講座を終わらせて、兵庫県多可町、妙見山の麓にある「chattanaの森」にやってきました。

275746815_4635877739855289_1340606324553402440_n.jpg

到着したのは日暮れ間近。講座の会場の下見と打ち合わせを終わらせると、しばらく車を走らせて「青玉神社」にご案内いただきました。

境内には杉の巨木が林立していて、そのうち大杉7本が兵庫県指定天然記念物だそう。

地上8mから二俣に分かれている「夫婦杉」は、夫婦円満と縁結びのご利益とのことで、高さ45m、幹回り11mもあり、樹齢千年以上とか。

275806859_4634830203293376_2347091621068081531_n.jpg

道路から少し入っただけなのに、外からはまったく見えなかった静寂な空間が広がり、日が落ちはじめて薄暗くなっていくさまが異世界に迷い込んだような雰囲気を醸し出していて、なんとも不思議な場所でした。

275726404_4634830319960031_1235739449911002325_n.jpg

「chattanaの森」のchattana(チャッタナ)とは、多可町のおもてなし言葉「よう来ちゃったな」が由来。

パーマカルチャーをはじめ、さまざまな催しやワークショップを行いながら、少しづつフィールドづくりをされています。

BBQエリアやキャンプサイトもあり、無料で利用できる隣接の公園からは、子どもたちの声が一日中聞こえていてとても賑やかです。

275764934_4634830336626696_4723830734368196957_n.jpg

私たちが訪れた際には、タイニーハウスやドームハウスを建設中でした。

275781638_4634830266626703_5741398731567842410_n.jpg

6角形のアクリル板を組み合わせたハニカム構造のドームハウスは、少人数のスタッフさんの手でセルフビルドされています。

ドーム形状ならではの音の反響がある不思議な空間は、フレームがないため、視界を遮られず自然との一体感があります。

こんな空間が森のなかにあったらいろいろと面白いことができそうです。

275769713_4634830149960048_9059022223761478516_n.jpg

翌朝早くからグリーンウッドワーク・ワークショップのはじまりです。
4名の参加者の内、3名は移住者の若者たち。

これまでに美濃市のグリーンウッドワーク工房に2回来ていただいて、ナイフワークの研修と器づくりを体験してくれました。

275771171_4635631796546550_4267434089371027253_n.jpg275742168_4635631753213221_3947584068499584077_n.jpg


3回目の今日は丸太を割るところからはじまるスプーンづくり。

275819941_4635631709879892_7504582395514368321_n.jpg275732785_4635631896546540_8617420754119562276_n.jpg

これまで、斧とナイフの使い方をじっくり学んでいただいているので、皆さん慣れた手つきですいすいと削られていて、思い思いの森の時間を楽しんでくださっています。

スプーンづくりは3日くらいかけると、充実した講座になるなぁと実感しました。

275734553_4635631676546562_4610358441869051327_n.jpg

夕暮れを楽しみながらスプーン削り。無心になって削るこの時間が楽しい。

275703566_4635877733188623_5141948014698863080_n.jpg

参加者の皆さんからの感想は...
・めっちゃ楽しかった!ただ木を削るだけだと思っていたけど、木の種類によって割れや硬さなど気をつけないといけない。それが自分でわかるのか不安だけど、感覚で感じ取っていきたい。
・これからグリーンウッドワークをやっていくチームができてよかった。支配人がグリーンウッドワークやりたいといって、なんか楽しそうと思った。これから、町の事業としてできるまで持っていきたい。
協力してくれる仲間ができて、次いつやるといった話しもできて、少しずつは広げられたらと思う。
・作っているとき、無になって集中できた。機械でできるものもあるけど、自分で時間かけてつくることで、愛着がわく。人との繋がりもできて、自分のためになった。
・他の3人の話と同じ思い。生木を使わない木工しか知らなかったので、新しい世界が見えた。木を乾かさないといけないのは大変だけど、無心になれてよかった。

275754189_4635877943188602_9202771923447907334_n.jpg

スタッフの有志の方がグリーンウッドワークに興味を持って、今回お声がけくださったのですが、自然豊かな森に囲まれた山のコテージや、地産地消のカフェもあって、こんな素敵な森で滞在型グリーンウッドワークができたら最高ですね。
多可町のグリーンウッドワークベースの発展を楽しみにしています!

(文責:ばきちゃん)
  1. 2022/03/31(木) 16:26:52|
  2. ┗ その他イベント等
次のページ