GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

長良川おんぱく「カレーの美味しいカフェでMyスプーンづくり」(2月26日・3月28日)

例年は秋に開催されている長良川おんぱくも、
令和2年度はコロナの影響で年度末にずれ込みました。

グリーンウッドワーク協会は二つのプログラムを企画。
二つの魅力的な飲食店とのコラボで開催しました。

一つ目は長良川鉄道美濃市駅前のカフェ灯家(あかりや)
マイスプーンを手づくりしてカレーを食べましょうという、
なんとも美味しいプログラムでした。
154368077_3473153632794378_5439648764244769248_n.jpg

講師は藤田まゆさん。
154637451_3475746735868401_5198841848455576770_n.jpg
まゆさんは森林文化アカデミーの卒業研究で
手づくりのコーヒーメジャーづくりのワークショップを開催しました。
今回はそのノウハウを存分に発揮してもらいました。

1回目は平日開催ということもあり参加申し込みが少なかったのですが、
少ない人数でまったりと、そしてじっくりと取り組み本当に贅沢な時間でした。
153832505_3475746639201744_7830737517761465144_n.jpg

2回目は休日の開催。
口コミで申込みがじわじわと増えて、
続けることの大切さを実感しました。
参加者の方からは、
時間を忘れて没頭したなんて感想もいただきました。
154302809_3475746529201755_7123350595021461071_n.jpg

そして、本格インドカレーの美味かったことと言ったら!
154871986_3475746452535096_33396219463919708_n.jpg

美味しくて楽しい講座をこれからも企画していきたいです。
154620580_3473153726127702_2063764511797349263_n.jpg
(おの)
スポンサーサイト



  1. 2021/05/05(水) 18:23:25|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛騨市に行ってきました(10月11日)

10月11日(日)
岐阜県飛騨市の高野千本桜夢公園で、
「五感で感じる高野千本桜夢公園体感ツアー」が開催されました。

ここは、
旧古川スキー場跡地につくられた公園で、
平成14年から「高野千本桜夢公園整備委員会」や地元の有志によって、
ヤマザクラが継続的に植樹されてきました。

この日は、
午前中に森林インストラクターに解説を受けながら遊歩道を散策、
森を「視て(みて)」、「聴いて」、「触る」ことで森の魅力を体感してもらい、
ブレイクタイムでは、森で窯焼きピザを食べる美「味」しさを体感、
そして午後からは、生木の香りを「嗅ぎ」、瑞々しさに「触れる」スプーンづくりを体感、
これで五感をコンプリート!
という、なんとも贅沢なツアーが開催されました。

午後のスプーンづくりに使った材料は、
この森で育ったヤマザクラ。
事前に美濃市に運んでいただき、
スプーンに近い形に荒加工したものを用意させていただきました。
121133076_698945877385861_8218726300792049515_n.jpg

標高700メートルの爽やかなスキー場の元ゲレンで、
ゆったり楽しくスプーンづくり。
ナイフワークの基本をしっかり身に着けて、
力をうまく逃がしながら無理なく削る方法を学んでいただきました。
120999209_3121295904646821_2804320099532914555_n.jpg

子どもたちには乾いた木育教材のスプーンキットを、
紙やすりで成形。
121171018_673594083291768_9026537274545081851_n.jpg
紙やすりの番手を上げていくと、
どんどんすべすべになっていきます。
「白い傷を無くしてね」って話してあげると
「ほら白いのが無くなった」って見せに来てくれるのがかわいくって。

出来上がったスプーンでヨーグルトの試食。
121105319_3121295567980188_1067226475190245643_n.jpg
満足の顔ですね!

休憩時間にはピザ焼きガマを使った焼き芋。
121040297_3121296167980128_65726773425544271_n.jpg
ふっくら美味しい至福の時間。

制作時間の4時間みっちりと掛かってしまいましたが、
二本のナイフとじっくりと向き合ってもらい、
10本の大人用スプーンと、6本の子ども用スプーンが完成しました。
121072563_3121296034646808_7576003776948228424_n.jpg

街から近い自然豊かな公園に、
これからもたくさんの方が通ってもらえるように、
そしてこの飛騨の地でもグリーンウッドワークが広まってもらえることを、
願いたいと思います。
121185486_3121295781313500_3835852566492629589_n.jpg
(おの)
  1. 2020/10/13(火) 14:05:55|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長野県朝日村へ行ってきました・スプーンづくり(9月22日)

朝日村のグリーンウッドワーク最終日はスプーンづくり

4日間ハードな椅子づくりに取り組んだ皆さんにとっては、
1日で完成する、ある意味お手軽なアイテムです。
材は4種類目、ホオノキを使いました。

せっかく4日間、削り馬と格闘して、
ガシガシ削るスキルを身に着けていただいたこともあるので、
この日は斧は使わずに、削り馬でスプーンの形を削り出してもらいました。
IMG_20200922_115700.jpg
「すぐにできるよ」
って声も聞かれるくらい、
リラックスした雰囲気で進めることができました。

削り馬だからこそ、固定しながらフックナイフも使えます。
IMG_20200922_134939.jpg

いつも通り「ギター削り」もできますね。
IMG_20200922_135543.jpg

長かった5日間の講座もとうとう終わりの時がきました。
IMG_20200922_161455.jpg
「自分で使うものを自分でつくる。生活の中でそんなものを増やしていきたい。」
「森にはいろんな木が生えている。こんな木でつくったらどんなだろう?いろいろ試してみたい。」
「ナイフ使いに慣れた人の技術ってすごい。木のスプーンを見る目が変わる。」
「生の木から食器ができたことにひらめきを感じた。今後の制作に生かせそう。」
「山に子どもたちを引き寄せることに繋げたい。」
「一日ものづくりに没頭するのっていいな。」
「このスプーンをきれいに仕上げてカレー好きのお父さんにプレゼントしたい。」
「私にもできるんだ!一本のスプーンに愛着が湧く。」

グリーンウッドワークが暮らしを豊かにする、
そんな可能性を確信した5日間でした。
朝日村のみなさま、ありがとうございました。
(おの)
  1. 2020/09/26(土) 08:47:29|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のお母ちゃんたちのスプーンづくり

昨年11月2日(土)~4日(月)にかけて森林文化アカデミーで開催された、
「森のようちえん全国交流フォーラムinぎふ」からもう既に半年以上が経ちました。
DSC_0170.jpg

フォーラムの様子はこちらをクリック
>>>アカデミーブログ


三日間で延べ1200名以上の参加者を、約100名のスタッフでお迎えした昨年のぎふフォーラム。
私たちグリーンウッドワーク協会も実行委員として運営側に回り、
作品やポスター展示、ろうきん森の学校の活動紹介、グリーンウッドワークの書籍などの販売ブースを出展させていただき、
全国の森のようちえん関係者のみなさんにグリーンウッドワークの魅力を伝えることができました。
IMG_20191102_184529.jpg
このフォーラムがご縁で、グリーンウッドワークの出張講座にも呼んでいただきました。

しかし、残念ながら当日忙しく走り回っていたスタッフのみんなに、
グリーンウッドワークを体験していただく場を設けることができなかったことがずっと心残りでした。
あれからみなさんご存知の通り、
コロナ禍に見舞われステイホームで外出の自粛、
子どもたちは森に入れない日が続きました。
残念ながら今年度島根で開催される予定だった全国フォーラムは
先の見通せない状況の中、中止という苦渋の決断に至ったそうです。
本当に残念でなりません。

そんなこんなで、
コロナ自粛が明けた6月、
満を持して森の中でグリーンウッドワーク体験会!
・・・と思ったのですが、当日は残念ながら雨。
場所を「みの木工工房FUKUBE」に移して、
森のようちえんの
おかあちゃん、おねえさん、おとうちゃん、お兄さん・・・(くどい)
あまり大勢集まることは感染防止対策上好ましくないため、
森のようちえんぎふフォーラム実行委員の一部の方に、
生木を使ったスプーンづくりを体験していただきました。
DSCN0546.jpg

前日、ろうきんの森で伐ったばかりの「ウワミズザクラ」や、
自宅の庭木を持参された方もいらっしゃいました。
DSCN0533.jpg

「子どもたちにナイフを!」
これが目指す目標ではありますが、
まずは大人が安全にそして楽しく刃物を扱えることが肝心です。
DSCN0528.jpg

自由な時間に出たり入ったり、
それぞれ思い思いに、
ナイフワークの基本と生木を削る楽しさを味わっていただきました。
DSCN0531.jpg

出来上がったスプーンは感謝の気持ちを込めて、
みんなから実行委員長の浅井智ちゃんに贈られました。
DSCN0558.jpg

智ちゃんが園長を務める「自然育児森のわらべ多治見園」の子どもたちに使ってもらう予定です。
DSCN0560.jpg

みんなの笑顔を見て確信しました。
DSCN0547.jpg
森のようちえんとグリーンウッドワーク、
やっぱり相性がよさそうです!
(おの)

  1. 2020/07/06(月) 17:08:30|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四の五の言わずに匙修行・平日編 開催しました(10月23日)

長良川おんぱくプログラム
四の五の言わずに匙修行の2回目
平日にもかかわらず、5人の参加者にお集まりいただきました。
今回2回の講座を通じで感じたのが、
おんぱく初参加という方がたくさんいらっしゃったということ。
「木のものづくり」というキーワードで興味を持っていただいた方が多かったようです。
IMG_20191023_144926.jpg

今回は特に、この日に合わせて遠方からお越しいただいたという方も。
本当に嬉しいことです。

参加者のみなさまからは
「一本の木からスプーンがつくれるということに感動した」
IMG_20191023_093604.jpg

「斧であそこまで細かく加工できることに驚きと感動をもった。」
IMG_20191023_111221.jpg

「木を彫りたい欲求が満たされた」
「最後のほうで刃物を当てる角度がわかった」
↑修行の成果がありましたね。
IMG_20191023_111308.jpg

「初めて斧やナイフで削ったが、ナイフはうまく使えなかった。
これからもグリーンウッドワークを続けていきたい」
IMG_20191023_142127.jpg

「一日の講座で長いかと思ったけど、飽きるどころか楽しい一日だった」
IMG_20191023_155116.jpg

「参加者同士と交流できて楽しかった」
主催者冥利に尽きます。
IMG_20191023_164502.jpg

時期的なこともあるのかもしれませんが、
毎年おんぱくのプログラムで感じる
ポカポカ暖かい感じ。
今年も森の中のいい時間を過ごせました。
IMG_20191023_163149.jpg
(おの)
  1. 2019/11/16(土) 15:29:31|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四の五の言わずに匙修行・休日編 開催しました(10月19日)

雨の滴るろうきんの森の休日
長良川おんぱくプログラム
~斧からはじまるスプーンづくり~
四の五の言わずに匙修行(第一回目)
が開催されました。

匙修行という如何にも大変そうな講座名にもかかわらず、
10人定員一杯、それもその内8名が女性という、
なんともチャレンジャーな人たちが集まりました。
IMG_20191019_102139.jpg

グリーンウッドワークの経験者は数名程度、
いくら修行とはいえ、いきなり難しい材では大変なので、
ここは削りやすいコシアブラを使ってもらいます。
IMG_20191019_095804.jpg

見本のスプーンや持参のお気に入りのスプーンを参考に、
IMG_20191019_141500.jpg

ひたすら削ってもらいます。
IMG_20191019_112756.jpg

お昼ご飯はろうきんの森で栽培した原木舞茸の炊き込みご飯。
香りも食感も良く、皆さんにご好評いただきました。
IMG_20191019_121846.jpg

最初は修行についていけるかどうか不安だった人も、
道具の使い方を教わって、楽しくできたという感想もいただきました。
IMG_20191019_145425.jpg

あっという間の1日。
ストレス解消になった。
これからも近所の公園でスプーンを作りたいなんて人も。
雨粒がテントにはじける音が心地よかったそうです。
IMG_20191019_164919.jpg

最後は完成したスプーンでスープの試食。
大きめのサービングスプーンがちょうどよい大きさのお玉になりました。
IMG_20191019_165522.jpg

匙修行を通して、みなさんにものづくりの楽しみを味わっていただくことができた、
そんな雨の土曜日でした。
IMG_20191019_165909.jpg
(おの)

  1. 2019/11/12(火) 00:01:34|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Oak Villageに行ってきました(8月13日

森林育(もりいく)ウィーク サマーフェア
グリーンウッドワーク「丸太からのスプーンづくり」の講師として、
高山のオークヴィレッジに呼んでいただきました。
IMG_20190813_092253.jpg

まずは材料の調達から
森の中から株立ちしたホオノキを一本頂きました。
IMG_20190813_093639_201909061535336d8.jpg

同じ岐阜県と言っても流石日本海側。
お隣富山県からのご参加も。
昔オークヴィレッジで家具を買ったことがあり、
今回いい機会なのでお孫さんにスプーンづくりを
体験させたいということで、ご参加いただきました。
IMG_20190813_104012.jpg

木漏れ日の下、
谷筋に吹く爽やかな高原の風。
まさしく「森林育」
IMG_20190813_104412.jpg

今回は削り馬でスプーンづくり。
いつもは彫刻刀を使いますが、この日はフックナイフに挑戦。
小学校6年生だとこんなに上手にフックナイフが使えます。
IMG_20190813_140018.jpg

削り馬に固定すると、こんなフックナイフの使い方も。
IMG_20190813_140848.jpg

予定通り時間内に全員完成できました。
IMG_20190813_160033.jpg
「サンドペーパーを使わない素晴らしい世界があることを知った」
という感想には、こちらも感激。
「孫三人の頑張りに感動」とおじいちゃん。
「またやりたい」と子どもたち。
気持ちも晴れやかになる素敵な夏休みの一日でした。
event_report_20190813_1[1]

↓オークヴィレッジのブログ
こちらをクリック


(おの)
  1. 2019/09/13(金) 07:37:24|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士の麓、斧とナイフでスプーンを作る会が開催されました(8月9日)

グリーンウッドワーク体験講座@河口湖・木夢の森

「素朴な道具を使って生木のままの材を削るグリーンウッドワークは、
人が本来持っているつくる喜びを実感できます。
木と人の長い歴史と新しい関係を感じながら、
マイスプーンをつくりましょう。」
(参加募集のチラシより)

材はもちろん木夢の森から伐採してきます。
IMG_20190808_161519.jpg

この森にたくさん生えている、ハンノキとバッコヤナギ。
スプーンづくりには腕の太さくらいあれば十分です。
IMG_20190809_091705.jpg

ある時は無口でモクモクと削りながら
ある時はおしゃべりしながら夢を語ったり
IMG_20190809_112754.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて
IMG_20190809_182946.jpg

途中、突然のゲリラ豪雨に襲われましたが、
最後は富士山が完成を祝ってくれました。
70247269_739874093091661_9205139277912997888_n.jpg
翌日からはゴッホの椅子づくりに取り掛かります。
(おの)




  1. 2019/09/11(水) 07:50:31|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプーンづくりin西丹沢(7月13日・14日)

2ヶ月ぶりの講座のご報告です。
本日からこの夏の講座を少しずつご報告していきます。

7月13日(土)~14日(日)は
「斧とナイフで作ろう!スプーンづくりキャンプin西丹沢」
神奈川県で活動する足柄丹沢の郷ネットワークさんの主催です。
66899974_340156423589624_7945220044789645312_n.jpg

会場は丹沢湖の入り口に位置する民宿「落合館」
削って削って、美味しいご飯食べて、お風呂に入って、夜の懇親会
最高の環境です。
IMG_20190713_123442.jpg
カレーもおかわりして食べすぎちゃいました。

67384909_2108682929241462_7826490978176335872_n.jpg
まずは、お箸づくりで斧とナイフの練習から。
刃物に慣れてきたところでいよいよスプーンづくりです。

「初めてだけど、無事に使えるスプーンができた」
66682951_2108682989241456_1963203828442464256_n.jpg
「熱中して取り組んだので楽しかった」
「二日間の工程で、余裕があって良かった」
67402601_2108682059241549_2038991614461870080_n.jpg
「道具をもっと自由に使いこなせるようになりたい」
「削り馬いらないじゃん!」

一日で慌ただしく終わるのではなく、
やっぱりこうやって皆さんと共にする時間が長い講座の方が
充実した時間を過ごせますね。

次回は
10月13日・14日開催の
グリーンウッドワーク暮らしのものづくり講座
「生木を割って削って編んで作る!スツールづくり体験」

69356913_523611211741323_8657916270663958528_n.jpg

こちらではしっかり削り馬を使っていただきます。
秋の西丹沢も楽しみです。
(小野)
  1. 2019/09/03(火) 13:33:29|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斧とナイフでスプーンキャンプ(6/30・2日目教室編)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
斧とナイフでつくるスプーンキャンプ

二日目は土砂降りの大雨から避難して
みの木工工房FUKUBEに会場を移動しました。
66360028_2328660603890379_5158218214546604032_n[1]

ここは昔小学校だった場所
ほら、給食みたいでしょう。
66594273_631366144035020_7698551766513614848_n[1]

つくるだけではなく
道具のメンテナンスも大切ですね。
66069190_2293720300893662_7500378449308024832_n[1]

お昼ご飯までにほぼ形が完成
つくったスプーンで冷や汁を食べで見ましょう。
66094678_2407367246254591_8037503133745676288_n[1]

午後からは最終仕上げと二本目に取り組む人と。
装飾を楽しむ人も。
65950867_2231349293650298_6069144137662201856_n[1]
スプーンがお魚の彫刻に。

大きなサービングスプーンも。
66709014_768888356859503_1224877965049856000_n[1]

最後におやつの杏仁豆腐を食べてみましょう。
「美味しい顔ってどんな顔!」
66241355_1096273550578423_7082010383698886656_n[1]

<皆さんの感想です>
・スプーンの奇麗なラインを目指して作った。
・持ちやすさを追求したが、匙面は難しかった。
・木目がきれいに出た。
・普段使わない筋肉を使った。
・割るのは硬かったが、すごく削りやすい材だった。
・スプーン講座は何度か参加したが、今日のは一番上手くできた。
・とてもきれいな色が出た。
66375671_756293208140533_4872236816415064064_n[1]

・斧とナイフでつくれるのがすごい。気軽にできるのがいい。
・斧でこんなに成形できるのが新鮮。勉強になった。

・みんなと一緒にご飯食べたり、おしゃべりしたり、楽しかった。
・みんなで泊まって楽しかった。
・奥さんと一緒に参加して、楽しさを味わってもらえたと思う。
・自分のためだけに買った久しぶりの時間を堪能した!

今回の講座も「つくること」+αの付加価値を感じていただけたようで嬉しいです。
(おの)
  1. 2019/07/10(水) 07:54:18|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ