fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

グリーンウッドワーク・基礎講座 スプーンづくり

11日(木)と13日(土)はグリーンウッドワーク・基礎講座 スプーンづくりの講座を行いました〜(^∇^)ノ
24266_0.jpg

年が明けてからみの木工工房FUKUBEで実施される最初の講座です♪
前回は、斧の削り方、ナイフワークをの練習をしながらバターナイフを作ってもらいました。
今回はスプーンです!

午前中は斧作業でスプーンの荒削り!
24268_0.jpg
24277_0.jpg

午後からはストレートナイフと匙面を削るフックナイフの2本を使用しながらスプーンを仕上げていきます。
24270_0.jpg
24276_0.jpg
24274_0.jpg

午前中は斧の削る音が室内に響いていましたが、午後からはみなさん黙々とスプーンを削られていました!
夢中になってスプーンを削る!そんな贅沢な時間がいいですね(*’U`*)

休憩時間はさまざまなスプーンの食べ比べ♪
どのスプーンが一番使いやすいかな?
実際に使ってみることで、
匙面はもう少し薄い方がいいかな?
持ち手は太くしたほうが持ちやすいかな?
など、いろんな発見があります。

2日間とも素敵なスプーンができました♪
24265_0.jpg

スプーンを作ってみて、「フックナイフが難しかった」「講座内で面取りまで終わったのは初めてで嬉しかった」「自分で作ったスプーン、是非使ってみたい」「楽しかった」などの感想をいただきました。

みなさんご参加ありがとうございました〜

(しめじ)

  1. 2024/01/26(金) 08:51:06|
  2. ┗ スプーンづくり

NORAのグリーンウッドワーク2024(1月7日)

今年で3年目になる
NORAよこはま里山研究所のグリーンウッドワーク講座

↓NORAのブログ
グリーンウッドワーク特別講習会


この講座の名称
「特別講習会
第一人者の小野さんから
スプーン作りの極意を学ぶ」
Gウッドワーク2023_特別講習_チラシ案_LO_page-0001
ですって。
こんなすごい講座名なら、自分も受けてみたくなる!

元々は、足柄丹沢の郷ネットワークの福島さんからのつながりで、
徐々にここ神奈川でもグリーンウッドワークの輪が広がってきました。
島村さん
↑こちらはNORAの島村さん
今年もお呼びいただきありがとうございました。

この日も森林文化アカデミー卒業生
びんさんがお手伝いに来てくれました。
びんさん

<皆さんの感想です>
・これまでに味わったことのない感覚だった
全景

・何度でもやりたい
・自分不器用さを再確認したが、不器用なりに楽しかった
再開

・スプーン奥が深くて数多く作っている人には敵わないが、これからもチャレンジしたい
・これまで別の講師の手順が染み付いている、気づきが沢山あった、新たな手順で同じものを作ってみたい
参加者

今回も時間がなく、
斧が終わって、少しナイフワークの説明をした時点での解散となりました。
スプーン完成

続きはびんさんが講師となり、これから毎月、ここ川井緑地でのグリーンウッドワークの活動が続きます。
(おの)
  1. 2024/01/25(木) 08:03:05|
  2. ┗ スプーンづくり

海上の森のスプーンづくり2023第2回目(8月5日・6日)

今年二回目の
海上の森のスプーンづくり

前回のスプーンづくりでは大きなヤマザクラを細かく割って削りだしましたが、
なかなか大変でしたので、今回は柔らかいタカノツメを伐採して使いました。
タカノツメ

↓海上の森のスプーンづくり 第1回初日5月13日
こちらをクリック


↓海上の森のスプーンづくり 第1回二日目5月14日
こちらをクリック


二日間かけてじっくり取り組んだので、
しっかり斧の使い方とナイフワークを学んでいただきました。
一日目終了
(一日目終了時点)

完成写真はこちら
完成

今回も緑の工作室の皆さんには大変お世話になりました。
midorinokousakusitu.jpg

↓緑の工作室のブログ
こちらをクリック
  1. 2023/12/26(火) 17:23:30|
  2. ┗ スプーンづくり

海上の森のスプーンづくり2023始まりました②(5月14日)

グリーンウッドワーク講座
海上の森【里山の木でつくる暮らしの道貝】

2日目はナイフワーク。
1はじまりました

練習用に割った材をつかって、10種類のナイフワークを練習します。
スプーンで使うのはその中の半分ほどですが、
今後開催予定のスツールやククサの講座も見越してひととおり練習します。
2ナイフワーク

斧での粗削りとナイフでの粗削りをそれぞれ使いこなせると、
仕上げのナイフワークがとっても楽になります。
みなさん慣れないナイフワークに苦労しながらも、
だんだん思い切りよく削れるようになりました。

ある程度出来たところで、いよいよスプーンをナイフで仕上げます。
習ったナイフワークと、木目の流れの組み合わせを考えていると、
どこをどう削っているかこんがらがっちゃいます。
3木目の方向

この講座は小野ちゃんだけでなく、加藤慎輔さんもスタッフに入る豪華な布陣!
ひとりひとり丁寧にサポートしてスプーンの外型を仕上げます。
途中の休憩では恒例の『スプーンを味わう』
今回は海上の森で採れた日本蜜蜂の蜂蜜で、グリーンウッドワーカーや作家さん、
無印良品や100均などたくさんのスプーンを味わいました。
4スプーンの試食

スプーンの輪郭が削れたところでフックナイフに持ち替えて、匙面を彫っていきます。
5フックナイフ

こちらも最初はなかなかうまくいかないのですが、
みなさん頑張って少しずつ彫って仕上げました。
今回の山桜は堅めで、彫るのも削るのも大変。

その分、仕上がりが美しくて、しっかりしたスプーンが出来上がりました。
6完成

最後は出来たナイフを囲んでのシェアタイム。
7囲んでふりかえり

今回は小野ちゃんのつくる定番の北欧風スプーンをつくりましたが、みなさんの感想は?
◉スプーンって小さいので、もっと簡単に出来ると思っていたけど、大変だった。
◉あんなに斧を使うと思っていなかったので、びっくりしたけど、すごく楽しくできてよかった。
◉スプーンづくりを通してナイフの使い方などいろいろ勉強になった。
◉スプーンづくりを通して木を伐るところや木の説明など、
知らないことが知れてよかった。
◉木を伐るところからスプーンをつくると言ったら家族に驚かれた。
体力は使ったけど楽しくて沼にハマりそう。
◉生木から作ると思わなかった。
楽なのかなと思って参加したので、自分の体力のなさにびっくり。
でもほんとうに楽しかった。
◉スプーンって小さいから、まる2日間かかるとは思っていなかったけど、
自分のスプーンができて、実際に使えるのはうれしい。
◉ふだんいろんな仕事が飛び交うので、
ただ1日スプーンをつくる、削るだけという時間が有意義だった。

8集合写真

2日目は寒いくらいのお天気でしたが、新緑がとても美しくて、
木を伐る森と雨でも安心して削れる工作室がある素晴らしい環境です。
また、みどりの工作室が主催するグリーンウッドワークサークルもあるので、
講座後も仲間と削れるのがうれしいですね。

次回はスプーン、スツール、ククサと続き、今年度はあと3回開催します。
9サークル

愛知のグリーンウッドワークの種がどんどん広がって育っていくのが楽しみです。

つばき
  1. 2023/06/02(金) 08:02:55|
  2. ┗ スプーンづくり

海上の森のスプーンづくり2023始まりました①(5月13日)

愛知県瀬戸市のあいち海上の森センターで開催される
グリーンウッドワーク講座~里山でつくる暮らしの道具~
2023年度の講座がはじまりました。

雨予報の曇り空ですが、
こんな日は日差しが和らぐのでグリーンウッドワーク日和。
新緑の間を心地よい風が通り抜けます。
1森へお出かけ

今回つかうのは、駐車場脇にあった山桜。
枯れて駐車場側に倒れてくるということで伐採されました。
2ちょっと残念な

伐ってしまった山肌はなんだか残念な様子にみえますが、
登って見てみるとしばらく絶えていたというスズカカンアオイがたくさん育っています。
今年はギフチョウの姿が見られるかもしれません。
里山は手を入れて使うことで、新しい命が育ち、また生態系が豊かになるんですね。
3かんあおい

あらかじめ海上の森のスタッフの方が25センチほどに玉切りしてくださった山桜を、
斧で割っていきます。
2月に伐採した山桜ですが、木口はまだしっとりしています。
小さな新芽も育っていて生命力に驚かされました。
5芽が出てる

斧をマレットで叩くと、斧が弾かれるくらい堅い!
半割にするだけで一苦労で、クサビやマンリキの力も借りて、
なんとかスプーンが取れる大きさに割れました。
ここから斧でハツって面を出していくのですが、
今回は2日間あるので、その前に端材を使ってしっかり斧の練習をします。
4削り風景

斧が使えるようになると、グリーンウッドワークの幅がぐっと広がって、
粗削りがとても楽になります。
スプーンづくりはもちろん、今後ククサづくりを目指す方は、ここでしっかり慣れておきたいところ。
500gほどの斧を振り続けるので、想像以上に体力や腕力を消耗します。
グリーンウッドワークが初めてのみなさんは大変な思いをされていましたが、
それでも半日もやっているとだんだん慣れてきました。

綺麗な面ができたら、そこにスプーンの型を書きうつして、その線に沿ってハツリます。
6スプーンの形

言いかえると直方体からスプーン以外のほとんどの部分を斧で削って取る作業です。
時間いっぱい斧をふるって、無事スプーンを取り出せた参加者のみなさん。
7ここまで

斧はここで終了。明日はナイフワークです。

つづく(つばき)
  1. 2023/06/01(木) 12:02:49|
  2. ┗ スプーンづくり

1月28日 ククサづくり連続講座③ナイフワーク応用編

必要な道具がそろって
技術が身につく
ククサづくり連続講座4期生

1月28日 (土)は
3回目のナイフワーク応用編
「スプーンをつくる」です。

この講座は
斧の使い方やナイフワークを
ひとつずつ身につけ
順番にスキルアップしながら
基本となる技術を学び
最終回にはキャンプブームで人気の
ククサ(木のカップ)をつくります。

この数日は強烈な寒波が
日本列島に流れ込み
広く大雪をもたらしています。
みなさんがお住まいの地域は
大丈夫でしたか?
美濃市は思ったほどの雪はなく
道路もほとんど残っていませんが
峠越えの道の日陰や橋のうえなどは
凍っていてツルツルでした。

この日もまた冬型の気圧配置が強まり
寒気が流れ込んで冷えこみました。
前回は大雪で2人の方が参加できず
朝から雪かきに追われて
大変な1日でしたが
無事に時間通り全員集合できて
ほっとしました。
税印集合

1回目の斧
2回目のストレートナイフに続き
今回の道具はフックナイフ。
材料は10月に伐った
山桜の真空パックです。
パックをあけるとほんのり桜の香り
これに型をあてて写し取り
さっそく斧でハツっていきます。
supu-nnno aragata

ひとつきぶりで
はじめは慎重な感じがしましたが
慣れてくると
思い切りよく斧が使えています。
kubomiwo kezuru

少し欠けてもリカバリできれば大丈夫。
基本が出来てくると応用もできます。
午前中は写した型の線にそって
大体の形を削るところまでで
終了しました。

お昼ご飯のあとは毎度お馴染み
「スプーンを味わう」おやつタイム。
今回はチョコレートババロアにしました。
あくまでデザートではなく
スプーンを味わう!
試食

集めたスプーンコレクションから
気になるスプーンですくって食べて
感触を五感で味わいます。
スプーンって思ったより彫ってないんだ
とか
このくらいの幅がちょうど良いね
なんて感じたことをシェアします。
スプーンのことを真剣に考えるなんて
これまで意識したこと無かったので
これからスプーンを見る視点が変わりそう
なんて声もいただきました。

午後からはスプーンの裏面を斧でハツり
全体の粗削りが終わったところで
いよいよフックナイフの作業にうつります。
匙面

フックナイフがうまくあたるまでは
苦しい時間ですが
こういうとき不安そうな参加者さんに
絶妙な声かけをする小野ちゃん。
ひとことふたこと持ち方をアドバイスすると
これまでうまく彫れずに苦労していた方が
あれ?出来たかも!
って削れるようになります。
サポートスタッフをしていて
いちばん勉強になる瞬間なので見逃せません。

早い人は仕上げ削りに入っていましたが
この日の桜はかなり堅くて
あと一歩のところで終了時間に。
続きは宿題となりました。
完成

この講座は初回に必要な道具が揃うので
家に持ち帰って続きを仕上げたり
講座の間もいろいろ試して
次の授業に見せあったりできるのも魅力です。
ナイフワークの上達に近道はありません。
uranokyokusenn.jpg

これまでの3ヶ月で斧だけでなく
ナイフの扱いも少しずつ上手くなっているので
授業のない日もぜひ
たくさん削って楽しんでください♪
shuugoushashinn_20230213171933735.jpg
連続講座次回はパン皿の予定です。

現在半年ごとに開催しているこの連続講座
森工塾2023前期は一旦お休みして
次回の募集は今年秋以降の予定です。
興味のある方はぜひ
オンラインストアの「再入荷お知らせ」に
登録しておいてくださいね☆
(ばきちゃん)
  1. 2023/02/16(木) 06:07:41|
  2. ┗ スプーンづくり

1月15日 VISONでスプーンづくり

1月15日は、三重県多気町のVISONにあるkiondさんで木のスプーンづくり講座でした。
玄関

はじめてのグリーンウッドワークや、
斧が苦手な方におすすめの削り馬のスプーンづくり。
削り馬で

桜の小径木を割るところからはじめて、
3時間ほどでスプーンを削りました。
ウワミズザクラ

匙面

フックナイフ

ナライ目逆目

完成
(ばきちゃん)


  1. 2023/02/13(月) 06:06:41|
  2. ┗ スプーンづくり

10月22日 とよた森のたまごのスプーンづくり

秋晴れの森
本日はとよた森のたまごのスプーンづくり講座
ヒサカキ

森のようちえんのフィールドを使って開催されたのですが、
参加者の皆さんが真剣に木と向き合う中、
普段は山を駆けずり回る子どもたちが今日はいないので、
手の空いたスタッフが焚き火を囲んで世間話。
morinonakadesagyou.jpg

なんだかほっこりする風景でした。
oimo.jpg

ああ、安心の時間🥄
supu-nnkannsei_20230116172322033.jpg

また遊びに行きます!

(おの)
  1. 2023/01/20(金) 06:01:19|
  2. ┗ スプーンづくり

10月8日 暮らしのものづくり体験「スプーンキャンプ」を開催しました

今年度初めての足柄丹沢の郷ネットワーク主催
グリーンウッドワーク暮らしのものづくり体験
「斧とナイフで生木を削って作ろう!スプーンキャンプin西丹沢」
が開催されました。

2000年の箒杉(ほうきすぎ)🌲に見守られながら、斧と戯れる🪓スプーンづくり🥄。
前日の大雨とは打って変わって、爽やかな風に癒されました。
箒杉に見守られて

そして山北に来たらこれを食べなきゃ!
箒沢荘の三保弁
おばあちゃんの味
ハムカツが厚くなりました❗️
三保弁

今回の講座でも、九州用に型を新調したスウィーディッシュスプーンをつくってもらいました。
完成

これまで足柄丹沢の郷ネットワークでは
子どもゆめ基金や神奈川県の水源環境税を基金とした補助金を活用してきましたが、
実は今回の講座は初めて自己資金のみでの開催にこぎつけることができました!
沢山のリピーターの方と、今回初めましての新たな出会いに感謝しつつ、次の目的地の千葉に向かいます。

(おの)
  1. 2023/01/16(月) 15:48:44|
  2. ┗ スプーンづくり

TOGA森の大学校へ行ってきました②(7月18日)

富山県南砺市利賀村にある
TOGA森の大学校の森の暮らし塾
グリーンウッドワーク講座2日目は
グリーンウッドワークの暮らしの道具づくりの
基本となるスプーンをつくります。
匙面

昨日と同じく材はホオノキ、イタヤカエデ、ミズナラ。
ホオノキは柔らかく斧でハツるのも楽ですが
フックナイフで削るとき少しキシキシして
ピカピカに整えるのが難しい材です。
逆にイタヤカエデは斧がなかなか入らなくて
型に沿ってギリギリまで整えるのが一苦労ですが
ナイフの仕上げはめちゃくちゃ気持ち良い。
ミズナラは割りやすくハツリやすいのですが
これまたフックナイフで削るときに
繊維が引っかかるので難しかったです。
ちなみにリョウブも真っ直ぐに整えるのに
木目が複雑で難関でした。
スプーン斧で繊細な加工

:::::
参加者のみなさんもそれぞれの材と格闘。
完成並べて
1日かけて1つの材に向き合った感想は…

・本や動画でわからない細かいところが聞けてよかった。
丁寧な指導で、こうだからこうする、というカリキュラムができている。
これから教えていく参考にしたい。

・不器用なので、はしよりスプーンの方が楽しくできた。
ナイフ買ってやりたい。

・これまでDIYでのものづくりは電動工具に頼りがちで、
楽にそれなりをつくることが多かったけど、
実用品を手で削ってつくるというのは楽しかった。
久しぶりに何も他のことをせず木を削るのは良い気分転換になった。
今度は木を伐るところからチャレンジしたい。

・生まれて初めて木から彫り出すのをやった。
斧は手が疲れて振れなくなって、うまくいかない悔しさがあった。
ナイフワークは斧より好きだった。
腕の筋肉つければ斧も出来るかも。
はじめてでうまくできなかったけど、スプーンはペイントしてオブジェにしたい。

・自分でつくりあげるのは、想像以上に楽しかった。
包丁やハサミ以外の刃物ははじめてで、
人類の歴史と共にある斧ってすごいとあらためて思った。
家でもやりたい。

・子どもと一緒に楽しませてもらった。
みんなにグリーンウッドワーク体験してもらえたのがうれしい。
また美濃に行きます。

・夢中になってあっという間に一日経ってしまった。
利賀村にいるので木は手に入りやすい。別の木も彫ってみたい。

・グリーンウッドワークは以前からやりたかった。
それにまつわる手仕事や草木染の話もあってよかった。
またぜひやりたい。来年ゴッホの椅子やりましょう。
:::::
今回、用意してくださったのが、それぞれストーリーのある利賀村の象徴的な木でした。
そうした材を使えたのもよかったです。
印象的だったのは、参加者のお子さんが削り馬でホオノキを削って新幹線やお魚をつくっていて、
長い間飽きずに削る姿や、親子でのふれあいの様子、
それを見守るTOGA森の大学校のスタッフの方たちのまなざしのあたたかさがまた素敵でした。
削り馬でスプーン

ホオノキで新幹線

ぜひまた来年もグリーンウッドワーク講座でお邪魔したいです。
2日間ありがとうございました!
TOGA森の大学校
スプーン完成

(ばきちゃん)
  1. 2022/09/08(木) 21:39:42|
  2. ┗ スプーンづくり
次のページ