fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

<参加者募集> 柳沢教授の素晴らしき菫(スミレ)の世界《2023後期 ろうきん森の学校 森工塾 》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《ろうきん森の学校》森工塾
観て食べて菫(スミレ)を深掘り!
柳沢教授の素晴らしき菫の世界(野草茶とスイーツ付)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
春になると、愛らしい紫色の小さな花を咲かせる菫(スミレ)は実は非常に種類が多く、
出来るだけ遠くに種を運ぶための工夫がいっぱい。
可愛らしいけどちょっと不思議。
身近だけど実は意外としたたかな菫の魅力を柳沢教授がとことんお伝えします。
森林インストラクターぬまっちの森カフェは野草茶だよ!

yanagisawa_20240229164220ef0.jpg

▼お申し込みはこちらから
グリーンウッドワーク協会オンラインストア


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日にち:3月30日(土)
時 間:10:00 〜 16:00( 9:45〜受付)
場 所:古城山ふれあいの森(美濃市 梅山駅東側)
対 象:どなたでも  / 定 員 10名
時 間:10:00 〜 16:00
受講料:大人5,000円・子ども2,000円
講 師:柳沢 直(岐阜県立森林文化アカデミー)
    長沼 慶拓(森林インストラクター)
※雨天決行(大雨、雷などの警報が美濃に発令された場合は延期予定)

━━━━━━━━
お申し込みについて
━━━━━━━━
▶ 受付期間は、各講座開催日の2ヶ月前から1週間前(先着順)です。
▶ 参加費の入金をもって受付とします。

━━━━━━━━━
キャンセルポリシー
━━━━━━━━━
申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルのご連絡日により、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

① 8日前まで…キャンセル料は発生しません。
②7日前から3日前まで…受講料の50%
③2日前から当日…受講料の100%(連絡なしの不参加含む)

お席を確保し事前の準備を整えてお待ちしておりますので、予めご了承ください。

※返金にかかる決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※返金方法はご入金時の決済手段や時期によって異なりますのでその都度ご連絡いたします。
※当法人の都合での講座中止に関しては全額返金いたします。

━━━━━
注意事項
━━━━━
▶ 申込が定員の半数に満たないときは開催できない場合があります。
▶ 開催日の1週間程前に詳細のご案内をメールにてお送りします。
  持ち物や駐車場の場所等はそちらでご確認ください。
▶ 開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶ 動きやすい服装でお越しください。(サンダルスカート等はご遠慮ください)
▶ 参加費には保険代金を含みます。
▶ 傷害保険に加入しておりますが怪我等には十分ご注意ください。

▼お申し込みはこちらから
グリーンウッドワーク協会オンラインストア
  1. 2024/02/29(木) 16:55:27|
  2. 森工塾・講座のご案内

【参加者募集】 3/16-17  第3回 子どものためのナイフワーク講習会【大人向け】

毎年3月に開催している『子どものためのナイフワーク講習会』を、今年も2日間連続の講習会として行います。
初日の特別講演にはかくまつとむ(鹿熊勤)氏がご登壇! 
「子どもに安全なナイフワークを教えたい」「基本的なナイフの扱い方を知りたい」など、子どもに関わりながらナイフを使っているすべての大人のための講習会です。

kodomononaihu.jpg

▼お申し込みはこちら
グリーンウッドワーク協会オンラインストア


●昨年の様子
https://morinos.net/report/8276/

───────────────────────
開催概要
───────────────────────
【開催日】2024年3月16日(土)10:30–16:30          
      〜17日(日) 9:30〜15:30
      17日 8:00〜早朝プログラム有り(自由参加)
【会 場】森林文化アカデミー内 森の情報センター
     (岐阜県美濃市曽代88)
【参加費】12,000円(2日間)
【対象者】大人(講習の性格上お子様連れの参加はご遠慮ください)
【定 員】30名(先着順)※定員になり次第〆切ます。
【講 師】
 かくまつとむ(鹿熊勤 情報工房「緑蔭風車」代表)
 松川久美子(保育士)
 前野健(岐阜県立森林文化アカデミー講師)
 小野敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)
 椿ゆかり(NPO法人グリーンウッドワーク協会)
 丹羽茄野子(おとなと子どもの里山ナイフ教室)

※2日間の連続講座です
※昨年3月に行った「子どものナイフワーク講習会」と共通する内容があります。
※最少催行人数(15名)に満たない場合は開催しない場合もございます。

───────────────────────
◆特別講演「子どもと刃物(仮)」
───────────────────────
●登壇者プロフィール
かくまつとむ(鹿熊勤)氏 https://kakumatsutomu.com/#portfolio
1960年、茨城県生まれ。雑誌編集者を経てフリー・ジャーナリスト。自然と人間の関係を軸に、農山漁村の生活文化、職人の手業、地域活性化、野遊び、自然保護、環境教育など、幅広い領域で取材活動を続ける。
立教大学、同大学院兼任講師。NPO法人日本エコツーリズムセンター理事。著書に『仁淀川漁師秘伝』『鍛冶屋の教え』(小学館)、『野山の名人秘伝帳』(農文協)など。

2013年には「教育と刃物」と題し、刃物と教育の事情に通じた講師12人による年間リレー式の連続セミナーを開催。刃物と人間の本質的な関係を振り返り、刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家による教養・実技講座など、刃物を軸にしたテーマを幅広く取り上げている。セミナーの内容は『刃物と日本人 ナイフが育む生きる力(ヤマケイ新書/ NPO法人日本エコツーリズムセンター編集)』にまとめられている。
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/seminar130628

───────────────────────
●スケジュール
───────────────────────
一日目
 かくまつとむ氏による特別講演
 座談会(意見交流会)
 基礎講座(座学)

二日目
 実技講習(分科会)
 ※昨年の内容からさらにバージョンアップの予定
 ※詳細は決まり次第morinosサイト、グリーンウッドワーク協会SNS等でご案内します。

───────────────────────
◆申込について
───────────────────────
▶ 募集期間は、講座開催日の2ヶ月前から1週間前(先着順)です。※定員になり次第、受付締切りとなります。
▶ 参加費の入金をもって受付とします。
▶ キャンセルが生じた場合、個別のキャンセル待ち連絡は致しませんが、『再入荷お知らせ』をご登録いただくと、ご登録のメールアドレス宛にメールでお知らせが入ります。

───────────────────────
◆ 宿泊 ※コテージ宿泊は満室となっています。
───────────────────────
ご宿泊の斡旋は行っておりません。ご参加にあたり宿泊が必要な場合は、下記サイト等を参考に、ご自身でお手配いただきますようご協力の程、よろしくお願いいたします。
▶ 美濃市宿泊 https://minokanko.com/stay/
▶ Googles関市宿泊 http://tinyurl.com/nhhbpzht

●アカデミーコテージ(現在満室です)について
講座参加者に限り、森林文化アカデミー内のコテージ(素泊まり、シャワーのみ)に宿泊することが可能です。コテージに宿泊を希望される場合は参加受付時に「コテージ宿泊チケット」を追加でお申し込み下さい。
▶ 先着12棟(ご一緒に参加される場合などに限り1室2名まで可)宿泊費をお1人につき1,100円、当日現地でお支払ください。(コテージでは必ず指定のシーツ・枕カバーを使用してください)
▶ コテージは旅館やホテルのような宿泊施設ではありません。食事のご用意はありません。アメニティのご用意や常駐スタッフもおりません。退室日は、宿泊室内の清掃と、シーツ・枕カバーの返却などが必要になります。
▶ 講座開催日の前泊、後泊も可能です。必要な方はご相談下さい。コテージ使用料は前後泊の場合も合計で1,100円となります。

━━━━━━━━━━
●著作権
講義内容および配布テキスト等について発生する著作権はその著作者に帰属します。講義内容の録音、録画、テキスト等の複製、改変、転用、第三者への配布等の行為は禁止されていますのでご留意ください。

━━━━━━━━━━
●個人情報
お客様から取得した個人情報につきましては、当団体の個人情報保護方針に従って、適切な取扱い、管理および維持に努めてまいります。

━━━━━━━━━━
●キャンセルポリシー
お席を確保し事前の準備を整えてお待ちしております。申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルのご連絡日により、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

① 8日前まで…キャンセル料は発生しません。
② 7日前から3日前まで…受講料の50%
③ 2日前から当日…受講料の100%(連絡なしの不参加含む)

※返金にかかる決済手数料・口座振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※返金方法はご入金時の決済手段や時期によって異なりますのでその都度ご連絡いたします。

───────────────────────

講師の都合、最小催行人数の不達成、台風・地震・火災その他の不可抗力によってやむを得ず中止させていただく場合がございます。この場合、受講料は全額お返しいたします。ただし、不可抗力による中止の場合には、受講料のお支払いにご負担いただいた手数料(振込手数料)は返金の対象とはなりませんのでご了承下さい。
中止に伴うお客様の交通費、その他の費用は負担いたしかねますので予めご了承ください。

━━━━━━━━━━
●注意事項
▶ 申込が定員の半数に満たないときは開催できない場合があります。
▶ 開催日の1週間程前に最終案内メールをお送りします。持ち物や駐車場の場所等はそちらでご確認ください。
▶ 開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶ 動きやすく刃物の使用の際に安全な服装でお越しください。(サンダル、クロックス、スカート等はご遠慮ください)
▶ 参加費には保険代金を含みます。
▶ 傷害保険に加入しておりますが怪我等には十分ご注意ください。

▼お申し込みはこちら
グリーンウッドワーク協会オンラインストア
  1. 2024/02/29(木) 16:35:08|
  2. 森工塾・講座のご案内

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・

温かかったり寒かったりの繰り返しで体調を崩してるのについに花粉がやってきた。なんてこったい。
文句言っててもしょうがないんで、報告を。

☆ 鉄線編みの平笊です。
  鉄線編みがややこしくて難しかった。
  8本の柾割は初めてで、なんとか出来たけど縁の取り付けが思ったより難しかった。
1708077403782_convert_20240226081548.jpg
ξ ポンポン出来上がってますね。素晴らしい。

☆ 差し六つ目編みの四角籠です。
  縁を四角く曲げるのがまだまだで、台形になったり角が合わなかったりと難しかった。
1708077404239_convert_20240226081610.jpg
ξ 力作ですねぇ。こういう形は繰り返し作ることでしかまとまっていかないでしょうね。

☆ 六つ目編みの舟形籠(ハイジの籠とも)です。
  前から作りたくて、可愛いらしい籠が出来て良かったです。
  持ち手の十字しばりは難しくはないけれど、それっぽくて面白いです。
IMG_2964_convert_20240226082049.jpg
ξ 見た目よりは簡単に作れて面白い籠ですね。

☆ ござ目編みの平笊です。(課題3個目。深笊の代替品)
  長いヒゴ作りが大変、縁の柾割りが大変、縁の取り付けが大変。
  何に使うか考えながら作って楽しかったです。
IMG_2973_convert_20240226081732.jpg
ξ 大変大変と言いながらも、ちゃんと出来てますよ。

☆ ござ目編みの深笊です。(課題の3つ目)
  縁竹の厚さを揃えるのは難しかった。
  縁竹を取り付けるのも難しかったし針金をたくさん失敗したけど、形が出来ていくのは楽しかったです。
IMG_2976_convert_20240226081820.jpg
ξ 針金(エナメル線)の処理は大体みなさん失敗が多いです。鉄線だと巻きにくいし、悩ましいです。

☆ ござ目編みの深笊です。(課題の3つ目)
  ござ目編みは楽しかったけど、底の丸みが深くならずにやや平たくなった。
  上縁の柾割りはうまく出来た、と思います。
IMG_2985_convert_20240226081907.jpg
ξ 上縁の出来は、たまたまですね。もっと練習しましょ。

☆ 四ツ目編みの芋振り籠です。(最後の課題)
  ヒゴ作りが大変でした。もっときれいなヒゴが作れるようになりたい。
  とにかく、完成して良かったです。
IMG_2989_convert_20240226081932.jpg
ξ このヒゴの作り方は色々な籠類に使えるので、練習しましょ。

                    (キト)
  1. 2024/02/26(月) 11:34:04|
  2. 竹細工の技術継承

グリーンウッドワーク・基礎講座 〜我谷盆〜

グリーンウッドワーク・基礎講座 〜我谷盆〜 の講座が2/3(土)と2/15(木)の
土曜日開催と平日開催が実施されました(^-^)/

最初は我谷盆の歴史をご紹介して、
丸のみや平のみを使用して彫っていきます!
27552_0.jpg

27551_0.jpg

講座が始まると皆さん黙々とのみを使って彫っていました!
27516_0.jpg

27515_0.jpg

この「集中できる時間」「木と向き合う時間」が持てることが
とても贅沢で、幸せだとおっしゃられる参加者の方もいて、
とても充実した時間となりました\(^o^)/
午前中はここまで。
27557_0.jpg

午後からは我谷盆で私が一番楽しい時間!
それはノミでの仕上げ彫りです。
柾目模様よりも板目模様が好きな私は、
この仕上げ彫りで波打つ板目模様が出てくる瞬間が好きです!

27555_0.jpg

27556_0.jpg

仕上げ彫りができたら、裏の作業!
削り馬でのセン、カンナを使っていきます。
27517_0.jpg

27543_0.jpg

最後は、鉄焙煎で塗装をして完成です(^∇^)ノ
27542_0.jpg
27541_0.jpg
27413_0.jpg

参加された方からは、「1日中ノミを使って彫る作業が楽しかった」「また家でもやってみたい」「疲れたけど時間が過ぎるのがあっという間だった」「自分が作った物を使うっていうのが良い」「自分で作ったお皿を使っている人はなかなかみないので使うのが楽しみ、特別感があって良い」などの声をいただきました!

彫るのに夢中で私も時間があっという間に過ぎた1日となりました(^-^)/
皆さん、ぜひ自分で作った我谷盆使ってください〜

来月は最終講座、ククサ作りです!

(しめじ)

  1. 2024/02/17(土) 15:21:21|
  2. 講座の実施報告

グリーンウッドワークで作る豆皿・茶托・菓子切りセット

2月4日(日)は各務原市で開催された「グリーンウッドワークで作る豆皿・茶托・菓子切りセット」の5回連続講座の最終日でした(^-^)/

菓子切り、茶托、豆皿と少しづつ作業量を多くしながら、
最終日のお茶会に必要なセットを5回の講座で作成してきました!
最終日は、仕上げと塗装です。
27522_0.jpg
材料は全てクリの木を使って作成したので、鉄焙煎、アンモニア水、オイルでの塗装をしてもらいました。
クリの木はタンニンが多く含まれているため、塗装の仕方によってさまざまな表情を見せてくれます。

出来上がった作品を各々写真撮影〜
27526_0.jpg

皆さん、同じクリの木を使って同じアイテムを作りましたが、
それぞれの個性があってとても素敵な「お茶会セット」が完成しました\(^o^)/
27529_0.jpg
27533_0.jpg
27530_0.jpg

それぞれ自分の作ったものでお茶会を開きながら、
5回の連続講座の感想をいただきました。
「自分が作ったもので最後使うところまでできて大満足!」「スプーンは作ったことはなかったがお皿が作れて嬉しかった」「集中できた」「月1回のこの講座を毎回楽しみにしていた」「同じ材料、物でも完成は違ったものになって木ってこんなに変わるんだって思った」「いろんな道具を使えた」「面白かった」「ものづくりは瞑想だと思った」

5回の連続講座ということもあり、「同じメンバーが月1回集まって、ものづくりをする。」
こんな楽しいことはありませんでした( ^ω^ )
月1回2時間の講座でしたが、この講座を毎回楽しみにしていたという声もありとても嬉しかったです。
同じ材料のクリの木を使いましたが、塗装の種類や模様の付け方など制限をしずに作成してもらいました。
その結果、「木って面白いんだ」「木ってこんな違いがあるんだ」と思ってもらうことができ、
「木の面白さ」「ものづくりをする楽しさ」が参加者の方に伝えることができました〜

27535_0.jpg

皆さん、ご参加ありがとうございました。
また、ぜひ一緒にグリーンウッドワークをやりましょう!!

(しめじ)
  1. 2024/02/17(土) 14:20:24|
  2. 講座の実施報告

古城山ふれあいの森で『足踏みろくろフェス』開催しました(1月28日)

古城山ふれあいの森で『足踏みろくろフェス』
開催しました。

足踏みろくろ経験者から本日初めてろくろを体験する人まで、たくさんの人たちが笑顔で交流できました。
ろくろフェスはじまり

まずは、山からろくろ体験用の材を調達します。
表面が食害を受けて凸凹になったリョウブの木。
リョウブ

株立ちしている中から一本頂きました。
リョウブ伐採

これは指輪づくり体験に使います。
指輪づくり

出来た指輪は焼きペンで装飾。
指輪焼きペン

素敵な指輪が出来上がりました。
指輪完成

笑顔で完成
指輪できた

ろくろでこんなものをつくった方も。
竹のオブジェ
竹のオブジェ

ろくろフェスですが、削り馬で好きなものを削る子も。
好きなものを削る

たくさん削って森が出来上がりました。
森ができた

本日のために自作のろくろを持参された方もいらっしゃいました。
自作のろくろ

家庭に置けるサイズのろくろ
簡易バージョン

器を挽くこともできました
ろくろ体験

この日は中津川から原さんに講師に来ていただきました。
講師の原さん

器挽き用の足踏みろくろがデッキの上にずらりと並びました。
全景

休憩時間にばきちゃんの作ってくれた甘ーいお汁粉
お汁粉

そして美味しいケーキが一日ろくろを踏み続ける皆さんの疲れた体を癒してくれました。
おいしいスイーツ

皆さんの感想は
・楽しかった。もっと上達したい。
・今までの中で一番上手く挽けた。またやります。
・まだ上手くできない。でも、やればやるだけ上手くなる。
・楽しくて沼にハマりそう。
・難しかった。やればやるほど楽しくなりそう。
・とりあえずろくろを設置します。
・ろくろの改良点がわかった。初めて太ももがつった。
器がひき終わった

ろくろで器を挽いている人たちの傍らで、
ろくろ体験に来られた方がずっと削り続けていたり、
好きなものを削ったりと、
それぞれ自由に森の時間を楽しまれていました。

最後はみんな最高の笑顔が弾け飛んでいました。
完成
6台の足踏みろくろを中津川から運んで下さった原さん、本当にありがとうございました。

(おの)
  1. 2024/02/03(土) 20:25:01|
  2. ┗ その他イベント等

燻製箱づくりとスモーク体験開催しました(1月27日)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
焙煎&燻製!木屑も活用!
燻製箱づくりとスモーク体験
燻製試食と燻製どんぐり珈琲付

みの木工工房FUKUBEで開催されました。
4組の家族

ずらりと並んだ歴代燻製箱
歴代

今回の講師てっちゃんの
試行錯誤の歴史とこだわりが詰まった講座が始まります。
講師のてっちゃん

そして用意された燻製したい食材の数々。
始まる前からもう燻製パーティーが楽しみです!
食材

今回の参加者は全てご夫婦でした。
協力しながらまずは箱を接着。
乾燥を待っている間、ぬまっちのどんぐりコーヒーワークショップ
聞き入る

今回はこのどんぐりコーヒーも燻しちゃいます!
豆を燻す

コーヒーは香りが大切
焙煎した豆を燻して美味しくなるかな?
珈琲を淹れます

さあ、燻製箱が出来上がりましたよ。
完成

みんなで好きなものを燻します。
お菓子も燻す

スモークパーティーの始まり始まり
パーティー

皆さんの感想です。

一人ではできないと思って夫婦で参加しました。
奥さんに連れられてやってきました。
木工や木育には馴染みがないが、今日はお手伝い。
みんなに広めたい。

七年前のてっちゃんの講座でつくった燻製箱を今でも使っている。
自分たちで組み立てて、終始笑顔で楽しめたのが財産。
いろんな引き出しが増えて仲間が増えたのが良かった。
旦那さんに連れてこられた。
普段は食べる専門で、今日もたのしかった。
これからも燻製をくっついていきたい。

木はこれまで薪ストーブで燃やすだけで、スモークには踏み出せなかった。
いろんな工夫があって、つくったものを持って帰れるのがいい。
こんな立派なものができた。
どんぐりコーヒーも美味しかった。

友達の紹介で参加した。
燻製の話、コーヒーの話、草木染めの話。
思った以上に楽しかった。
岐阜市でレストランを経営している。
今まで店に専用のスモーカーがなくって、厨房が煙で充満していた。
これからスモークに力を入れたい。
どんぐりの展示

講師のぬまっちから
共同作業っていい。
こういう作業を夫婦でやるってのがいい。
身近などんぐりを通して、何気なく飲んでいるコーヒーがどうやってできているのか考える機会になるといい。
ぬまっち

最後にてっちゃんから
前回の講座で箱しか作らずにそれきり使ってない人がいた。
今回は道具一式揃えた、帰ってすぐできるのが
準備は大変だったけど、
今回は燻し体験までできて良かった。
疲れた顔より笑ってられるのが印象的でやって良かった。
楽しい試食

(おの)
  1. 2024/02/03(土) 00:58:11|
  2. ┗ ろうきん森の学校