fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

朝晩はずいぶんと涼しくなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
金木犀や銀木製の香りが仄かに漂い、一気に秋の気配が濃くなってきましたね。

さてさて、教室の皆さんの成果も様々出来上がってきています。

透かし網代の手提げ籠
☆ 友人の評判が良い。また作りたい。
1_20170924221504a37.jpg

六つ目つぶしの干し笊
☆ 市販品には無い大きな干し笊が出来て満足。義母さんも色々干せそうです。(おすそ分けを期待)
2_20170924221506de2.jpg

六つ目のパン籠
☆ ヒゴをちゃんと作らないかん、ということがよく解った。黙々と手仕事をするのは楽しいなぁ。
3_20170924221507e38.jpg

透かし網代の手提げ籠
☆ とにかく、形を作るのが難しかった。
4_201709242215092c1.jpg


ついでに、小生の作ったものを便乗させてもらいます。ご笑覧あれ。

透かし網代の手提げ籠です。
教室で作りたい、という声に応えて東北のスズタケ細工を手本に試作したものです。
作り始めたら面白くなってきて、調子に乗って作ってたら大小六個、出来上がってました。
1_20170924222015f5f.jpg

師匠の石原さんに見せて、透かし網代なんでヒゴが動いてやり難いとぼやいたら、胴の真ん中を2段くらい四つ目編にしたらええんや、って助言をいただいたんでやってみました。
左は網代のみ、右が動中央部を2段くらい四つ目にしたものです。
確かにヒゴの動きは少ないけどその分編みにくい、ような、気がする。
ちょっと見ただけではどう違うか解らない。
2_20170924222017818.jpg

もう一つは腰籠。
以前報告した、フゴ細工を真似て作ったイタヤカエデの腰籠です。
こうやって腰にかぶら下げてると皆さんの興味を引くようで・・・
1_20170925062107ea4.jpg

折角竹細工をやってるんだから竹で作ってみるべいってんでやってみました。
竹で同じ構造は無理だと思って、ござ目編みで作りました。
まだまだ工夫が必要なようで・・・
2_2017092422324196e.jpg

底は筏底。
3_20170924223242d72.jpg

                                  (キト)
  1. 2017/09/24(日) 22:33:14|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】森工塾 秋のガイドハイクとクリスマスツリーづくり | ホーム | 利賀森の暮らし塾「夏の暮らし編」でスプーンづくりを行いました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/1005-35c8429b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)