fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

さじフェス2017に行ってきました!

今、世界的にスプーンづくりがブームなのだそうです。
各地で「スプーンフェス」や「グリーンウッドワークフェス」が開催されており、
趣味の木工としてのグリーンウッドワークは、講師が足りないほど世界中で親しまれているのだとか。
スウェーデンでは「テリフェス(テリ=削る)」として、スプーン、彫刻、器など、3日間かけていろんなものを削ります。
聞いているだけで、ワクワクしてきますね!

そんなスプーンの祭典が、日本国内で初めて美濃市の森林文化アカデミーで開催されました!
DSC_2331(450).jpg

<<2017年10月7日(土)~9日(月・祝) さじフェス2017>>

グリーンウッドワーク協会も、3日間を通してブースをひとつ持たせて頂き、
グリーンウッドワークに使う道具を紹介させていただきました!
22308748_1699745616711966_2448939118379404317_n(450).jpg

DSC_2397(450).jpg

■10/7
一日目は、講師のヨゲ・スンクヴィストさんによる講義とスプーンづくりの実演です。
DSC_2340(450).jpg
アカデミー准教授、久津輪先生の同時通訳!
ヨゲさんは「自分はアーティストではない。スロイドをしている」のだそう。
スロイドとは、単純な木工道具だけでものを作ること。農民が普段使いの道具を自分で作る事で、産業革命前までは誰もが当たり前のように行っていたんだそうです。
そんなスロイド、木工芸の価値を広めるために世界中で講師をしています。

午後からの実演は、森林文化アカデミーの演習林で樹を伐るところから!
DSC_2380(450).jpg

大胆に斧でチョッピング!
DSC_2387(450).jpg

ナイフワークも豪快!10のナイフワークを紹介していただきました。
22228428_1699745683378626_1564492370316054408_n(450).jpg

さじ面は、フックナイフ。
フックナイフも、10のナイフワークのうちの半分も、自分に向かってナイフを削ります。
最初はドキドキなんですが、慣れてくると微妙なコントロールができてきれいに削れるようです。
DSC_2395(450).jpg


■10/8
2日目は、岐阜県近隣の3人の若手「さじ職人」さんのスプーンの実演!
日本のプロのスプーン作家さんの工程が間近で見れるとだけあって、皆さん前のめり!

金城貴史さん(中津川)
DSC_2403(450).jpg

DSC_2415(450).jpg
金城さんは、スプーンをナイフだけで仕上げているのが特徴!やすりだと、表面の塗装が剥げてくるとケバケバしてくるので、
ナイフ仕上げの方がオイル塗装をした時の経年劣化が少ないのだそうです。
いかにきれいに仕上げるか、試行錯誤を繰り返しながら作っているという金城さんのスプーンは、繊細でとてもきれいでした!


大久保公太郎さん(長野県松本市)
DSC_2475(450).jpg

DSC_2466(450).jpg
大久保さんは、南京鉋など鉋仕上げのスプーンやヘラを作られます。ヘラだけで年間1,000本作るのだとか!
その道具の中には、改良型の削り馬も。
加工の際には、材を水に漬けておいて湿った状態で削る。。。
わ!グリーンウッドワークじゃないですかー(+o+)!
様々な書籍でも作品が紹介されている大久保さんが、グリーンウッドワークの手法を使われているとは。。。
生木でもツヤツヤに仕上げるには、刃物の研ぎが肝心だそうです。


奥井京介さん(高山市)
DSC_2512(450).jpg

DSC_2527(450).jpg
奥井さんは、日本の三大杓子のひとつ、高山の「有道杓子」を作っています。
冬~春の間の乾燥が少ない時期に、生木の朴の木を削って、と、昔からの伝統的な技法を継承されています。
有道杓子の仕上げは、出刃包丁!(関の孫六らしいです)
ナタで豪快に落としていき、出刃包丁で繊細に仕上げる有道杓子づくりは目から鱗です!

杓子の端材を利用した雪入道も紹介。
DSC_2507(450).jpg


■10/9
最終日は、40名でスプーンづくりです!
DSC_2562(450).jpg

ヨゲさんから、工程を説明していただきながらひたすら割って、削ります。
DSC_2557(450).jpg

ジェスチャーも交えながら!
DSC_2560(450).jpg

本来のスプーンフェスや講座では、3日間かけて1本のスプーンを作るのだとか。
それを1日で行ったので、かなり急ぎ足でしたが、10のナイフワークや、道具の使い方など
新しい発見がたくさんあってお腹いっぱいの1日でした!!!

IMG_20171018_205610(450).jpg


■LINK
・さじフェス2017
・ヨゲ・スンクヴィストさん
・金城貴史さん
・大久保公太郎さん
・奥井京介さん


■グリーンウッドワーク協会でも、「森工塾2017(後期)」で2種類のスプーン関連の講座を開催します。
「さじ熱」の冷めやらぬうちに、ぜひみんなでスプーンを削りましょうっ!!
>>2017年 12/2(土)~3(日) 五感で味わうスプーンづくり合宿 【募集中】
>>2018年 3/10(土) 日本伝統のグリーンウッドワーク 有道杓子づくり 【1/10募集開始】
  1. 2017/10/20(金) 11:35:15|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガマの葉っぱで座面を編む2017 | ホーム | 郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/1019-d5b61ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)