fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

きのこの森づくり2018夏

今年2月に植菌したマイタケの原木
こうなりました。
38404622_1618982848211475_9034285629201973248_n.jpg
樹種は上の6本がカシ
下の右側がソヨゴ
左側がクリです。
マイタケの菌が白く周っていますね。
>>>植菌の様子

ところが、昨年に比べると菌の周り方がにぶいようです。
昨年のホダ木がこちら。
カマンベールチーズのようです。
IMG_20170720_101552.jpg

昨年と今年の違いは何かというと、
1.樹種が違う(昨年はコナラとアベマキ)
2.種菌を購入した業者が違う

カビにやられてしまったものもありました。
38247860_1617890761654017_17581886712840192_n.jpg

それでもたくさんの舞茸の収穫を信じて、
培養したホダ木を森の中に伏せこみます。
まずは穴掘り。
最高気温40℃に迫ったこの日、
水分をとりながら交代で作業します。
38130168_2113127725679971_6168015139514613760_n.jpg

樹種ごとにまとめて伏せこみます。
こうやっていくつかのホダ木を寄せることによって
より大きな株のマイタケを収穫できます。
38451009_1618982104878216_4365533608673280_n.jpg

ろうきんの森のマイタケ栽培は今年で3年目。
これまでの二年間は順調に舞茸が収穫できました。
マイタケはどんな温熱環境を好むのか?
それを解明するため、今年は森林文化アカデミーと連携して計測機器を埋め込みました。
38133433_2113127832346627_7848282624328990720_n.jpg
38235177_1617889201654173_8063499368197521408_n.jpg

さあ、3年目の舞茸はどれだけ収穫できるでしょうか?
9月末から10月初めが例年のきのこの発生時期ですが、
今年はこの猛暑と雨不足。
春は2週間ほど早くやってきましたが、秋はどうでしょう?
38212455_2113127682346642_433250943333564416_n.jpg

結果を知りたい方。
9月29日(土)ろうきん森の学校 森工塾「森の恵みを味わう~秋・きのこ編」
でお会いしましょう。
>>>講座のご案内

(おの)


  1. 2018/08/03(金) 14:24:35|
  2. ┗ 舞茸連続講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森工塾「竹ひごからつくる竹細工講座」を開催しました(6/28、7/12、7/26) | ホーム | スギの箱いすつくりました(前半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/1123-4621dcc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)