fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

木地師の里で器挽き講座を行いました(7/7)

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
「足踏みろくろで木の器づくり」講座7月分を開催しました。

会場は、みの木工工房FUKUBE
図らずしも、FUKUBEの名前の由来となった「瓢ヶ岳(ふくべがたけ)」は
もともと木地師の里。
山頂付近には今でも材料となるブナの巨木がそびえ立っています。

今回も募集開始と同時に5人の定員が埋まる大盛況ぶり。
本当にありがたいことです。
66300486_728190270933696_3638016202279747584_n[1]

講師の大村さんは、前述の木地師の里「片知渓谷奥板山」の集落に移り住み、
旋盤を使って木のコマや器をつくっている、まさしく「現代の木地師」
66262062_389973334960532_5950171997374775296_n[1]

参加者の皆さんに刃物の当て方など丁寧に指導されていました。
66428248_1349442015210444_8820911314634276864_n[1]

普段からものづくりをされている方も多く、
作品を持参してくださる方もいらっしゃいました。
66117203_484384385642543_1175832947517816832_n[1]
休憩時間の話題は
「電動のこぎりの事故」についてと
「皆さんが飼っているペット、特に山羊のお話し」
安全対策と癒し、どちらも大切ですね。

そして5人の新たな木地師により完成した五つの器。
66414790_490857238387730_2059793794638807040_n[1]
「2回目の参加でちょこっと上達した」
「最後の方でやっと刃を当てるコツがわかってきた。もう一度やりたい」
「スプーンのように逆目を気にしないで削れるのがいい。地元でもやりたい。」
「先週はスプーンキャンプで、今週は3回目の器挽き。キャンプ用品をすべて木の製品にするのが目標」
こうやって皆さん、器挽きの虜になっていくのです!

次回の講座は8月1日(木)と9月1日(日)です。
ただいま参加者募集中です。
>>>足踏みろくろで木の器づくり講座(8/1)
>>>足踏みろくろで木の器づくり講座(9/1)

(おの)
  1. 2019/07/12(金) 07:30:49|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~ | ホーム | 里山整備を始めます(7/6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/1243-eb15375d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)