fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

2/23 竹ひごからつくる竹細工講座「竹の鍋敷きづくり」≪森工塾≫

2/23(木・祝)に
竹ひごからつくる竹細工講座「竹の鍋敷きづくり」を開催しました。

竹の鍋敷きは、芯になる直径20㎝ほどの輪(箍)と長さ80㎝(真ん中に節)の竹ひご6本でできています。
まずは、いつものように丸竹を半割にして、さらに所定の幅に細かく割っていきます。

IMG_2164.jpg

次に2.5mmほどの厚みを残して剥ぎます。
竹の厚みは、5~6mm程度(周囲長200mm程度の太さの場合)なので
およそ半分くらいに剥ぎます。

IMG_2166.jpg

幅引きで幅を揃えて、切り出し小刀で厚みを整え仕上げをしたら、
両端から中心の節まで4枚に剥ぎます。
薄く剥ぐことで、ぐねぐねと曲がり、芯になる輪に巻きつけて編んでいくことができます。

IMG-0811.jpg

剥ぐときの一番の難関は、鉈で切れ込みを入れるところ。
厚み0.5~6mmに平行に刃物を入れるのはなかなか気をつかいます。

IMG_2177.jpg

鍋敷きの編みはじめは、六つ目編みです。

IMG_2180.jpg

そこに輪を入れ込んで、輪に巻きつけるようにして編んで、
と、なかなか複雑でああだこうだと悪戦苦闘、
気づいたら完成直前のところまで写真が全くなく、(笑)

IMG-0812.jpg

しっかりと厚みがあって頑丈な、
それでいてクネクネとしなやかに曲がる柔軟さを併せ持つ、
竹細工ならではの鍋敷きが完成しました!!

IMG_2187.jpg

≪参加者の感想≫
・難しくてどうなることかと思ったが無事完成してよかった。
・刃物を入れるときに目を凝らすので目が疲れた。
・接着剤や籐などは使わず、本当に竹だけでできていることがすごい。
 (厚みがあると剥ぐのはラクだが編むのに苦戦するので)もう少し厚みを攻めて薄くしておけばよかった。
・1日の講座だし、作るひごは6本でよいので以前参加した回より簡単かと思ったが全くそんなことはなかった。
 大変な分、愛着の湧くものができた。
・大きなひごで力がかなり必要で、見た目よりパワフルな作品だと思った。

<文責:安藤>
  1. 2023/03/17(金) 13:36:28|
  2. 講座の実施報告