fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・

今年最後の報告です。

☆ 差し六つ目編みの茶碗籠です。(二個目の課題です)
  縁の材料づくりも取り付けも大変でした。完成したらよく見えますね。
  余ったヒゴを流用して小さい六つ目編みの籠も作ってみました。
1_20231230122835f60.jpg
ξ とてもきれいに出来てますよ。ヒゴ幅を半分にして小さい籠を編むのも結構大変でしたろう。

☆ 鉄線編みの手提げ籠(ハイジの籠)です。
  持ち手は火曲げの失敗続き。
  食パンが2個入る大きさで、ちょうどよかったです。
2_202312301228382e3.jpg
ξ ガッチリした籠ですね。ヒゴが厚かった?

☆ ござ目編みの手提げ籠です。
  街歩き用のつもりが、買い物用になっちゃった。
  色んな技術の組み合わせが面白かったし勉強になりました。
  太い丸籐の火曲げが一番手こずりました。
3_20231230122841618.jpg
ξ 持ち手は結構悩みますよね。

☆ 差し六つ目編みの茶碗籠です。(二個目の課題です)
  反省点だらけ。ヒゴ作りは特に分決めが難しかったです。
4_20231230122841868.jpg
ξ きれいに出来てますよ。

☆ 四ツ目編みの芋振り籠です。(課題の最後です)
  ヒゴ作りはやっぱり大変でした。編むのも中々大変で・・・
  作り終えてうれしいです。
5_202312301228445fb.jpg
ξ 中々いい形に仕上がりましたね。
 
☆ 差し六つ目編みの茶碗籠です。(二個目の課題です)
  六つ目に差して高台にするのは面白かったです。前の真竹と今回の淡竹との違いも面白かった。
  立ち上がりの目の変化(六角形→五角形→七角形→五角形→六角形)に苦労した。
6_20231230122844bf0.jpg
ξ 差し六つ目は色んなやり方があるんで、他のも試してみたらいいです。

☆ 透かし網代編みの手提げ籠です。
  底編み(崩すところ)がややこしく難しかった。
  胴も編むことに必死で形を整えるところまで気が回らず、ひごの隙間も広いところと狭いところがある。
7_202312301228444ec.jpg
ξ 細かいところは色々ありますが、思ったよりは上手くまとまったのではというのが私の感想です。(ちず)

☆ 差し六つ目編みの茶碗籠です。(二個目の課題です)
  竹細工は奥深いですね。籐皮の締め具合、立ち上がりの加減などまだまだ・・・
8_202312301228477dc.jpg
ξ 確かに奥深いですね。分からんことばかりですよ。

おまけ
 日曜日の教室のみなさんのお声がけで忘年会?をしました。
 スープ、粽、ケーキ、パン、漬物、寿司 色々持ち寄って、調子に乗って食べたら腹いっぱいになった。あーずつな。
9_202312301228502fc.jpg

今年最後の報告はこれでおしまい。
みなさんありがとうございました。
また来年もよろしくお付き合いを願います。
では、みなさん良いお年を。

                (キト)

  1. 2023/12/30(土) 21:53:48|
  2. 竹細工の技術継承