fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

イギリスのろくろ(9)~ポールレスレイズ

ポールレイズは直訳すると竿旋盤とでもいいましょうか。
これまで紹介したろくろは全て2本のポールにゴムがついたもの、又は
1本の竿のしなりを使って回転させていました。

しかしこのろくろ、なんかおかしいですね。
CIMG2000.jpg
普通材料に巻かれた紐は上に吊られていますが、
このろくろは紐が下に向いています。
そう、ポールがありません。
名付けて「ポールレスレイズ!」

ペダルが取り付けられた板をめくってみると、
CIMG1990.jpg
そう、ここにゴムが収納されています。

これだけの張力でろくろを回転させることができるのでしょうか?
実は、プーリーの回転差によって力が増幅されているのです。
CIMG1901.jpg

足元の板の裏を見せていただくことができました。
CIMG1899.jpg
ゴムが思ったより長く仕込まれていました。

このポールレスレイズで削らせていただきましたが、
非常に安定していて削りやすい印象を受けました。
万が一、材が外れても上に跳んでいくことがないというのも魅力です。

この他にも、いろいろな小ネタが仕込まれていました。
刃物置きのアーム、これは便利です。
CIMG1907.jpg
横に刺さっているのは、材料をろくろにセットする時に
仮の穴をあけるネジきりです。
5721166475_a7e3e0969c.jpg

アイデア満載のろくろに出会えて有意義なひとときでした。
(小野)
  1. 2012/02/09(木) 18:00:00|
  2. イギリスのグリーンウッドワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都に行ってきました | ホーム | イギリスのろくろ(8)~屋台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/312-289753ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)