fc2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹ひごからつくる竹細工講座・四海波づくりを開催しました

7月15日(土)~16日(日)の2日間で、
『竹ひごからつくる竹細工講座・四海波(しかいなみ)づくり』を開催しました。

1日目、午前中は竹林へ。
今は伐り旬ではないため、間伐作業を体験していただきました。
良い竹材を採るには、良い竹林を育てなければいけません。
「身のまわりに竹林はたくさんあるけれどどこも荒れ放題でグチャグチャ。
人の手が入るとこんなにも違うんだ。」
と感じていただけたようです。

s-IMG_4933.jpg

間伐した竹の枝払いをして、汗だくになったので早々に撤退・・・('◇')ゞ

s-IMG_4936.jpg

1日目午後から2日目昼過ぎまでかけて、丸竹を切って割るところから竹ひごをつくりました。

s-IMG_4946.jpg

以前、今回と同じかごを編むだけ(1時間半)のワークショップに参加してくださった方は、
「予想はしていたけれど、やっぱりひごづくりがメインだと実感しました。 」と。

s-IMG_4947.jpg

「楽しいけれど難しい。シンプルだけど深い。こういうのが職人技という感じがする。」
との感想も。

s-IMG_4938.jpg

0.05mmが測れる「ノギス」を使って、厚み0.5~0.6mmのひごをつくります。
この厚みの感覚がわかってくるまでには結構な時間がかかります。
それでも、最後の方は手でひごを触っただけで「ん?少し分厚いかも!?」と思えるくらいになってきます。
測ってみると0.8mm・・・すべてチェックして「はい!もう少し薄く。」と容赦なく返品します(笑)

s-IMG_4951.jpg

かごを編む前に、高台に使う、箍(たが)を編みました。
1.5mほどもある長いひごを5周巻いて編み込んであります。
複雑な編みで、見本を真似て作ってみても一回やっただけではさっぱりわからないので、
何度もチャレンジする方も。

s-IMG_4958.jpg

そして、本体のかごもこんな風に編みあがりました。
同じ材料を編んでも、編む手によって雰囲気が違ってきます。不思議不思議・・・
本来は花籠であるこの「四海波(しかいなみ)」。
でも、使い方は人それぞれ。さて、何に使いましょう、と考えるのもまたひとつの楽しみですね。

最後の感想で、70代男性の方が
「中学生や高校生など、もっと若い人にも、ものをつくる楽しみを伝えていってください。」
とおっしゃられたのがとても印象的でした。

wrote:安藤
  1. 2017/07/20(木) 23:19:00|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森の色えんぴつづくりと、スプーンづくりの2本立て講座開催しました! | ホーム | ラダーバックチェアづくり講座(前半)を開催しました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://greenwoodwork.blog.fc2.com/tb.php/975-441fd3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)