GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。これからの講座の予定はメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~修理  しょうけの巻~

「片口しょうけ」が壊れたんで直してくれろとのお話をいただきました。

早速見せてもらいましたら、岐阜で知られた「小屋名しょうけ」ではなく、淡竹の、きれいな、しっかり作られた「片口しょうけ」でした。地元の美濃地方で作られたものでしょうかねぇ。
壊れていたのは縁だけで、他は良さそうなんで引き受けることにしました。
P5076764_convert_20210515090729.jpg

壊れた部分。
P5076765_convert_20210515090756.jpg

縁を外したところ。
ござ目編みの本体はほとんど傷んでない。
P5086773_convert_20210515090815.jpg

縁の一式(当て縁、上縁、内縁)を取り替えました。
もともと磨いてあったのでこれも磨いたけれど、この妙に明るい色は、飴色に変わるまでしばらくは我慢していただきやしょう。
(磨く、とは皮の側を薄く削ることで、作るものによって削り方が変わります)
P5086779_convert_20210515090841.jpg

やれ終わった、と思ったら口の部分のひごの一本が折れているのを見つけてしまった。
P5146784_convert_20210515090906.jpg

先端部分だけのひごを作って差してみたけれど、これでもしばらくは持ってくれるでしょう。
P5146787_convert_20210515090925.jpg

この「片口しょうけ」はそれほど古くはないと思いますが、壊れたら直して使うというのは、作ってる者としてはうれしいことです。
ひょっとすると 「竹籠、笊 直し〼」 なんて看板を出したら、案外お客さんがあるかも知れんですな。

                           (キト)
  1. 2021/05/15(土) 15:36:02|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川おんぱく「美山杉のお箸づくりと季節の玉手箱料理」(3月14日)

長良川おんぱく二つ目のコラボは
岐阜県山県市谷合の
アトリエキッチンりんりん

このプログラムは、
まずは「季節の玉手箱」を食べることから企画が始まりました。
159974885_3518054064971001_2741338938580566063_n.jpg
料理人のたっちゃんのこの手から生まれる絶品料理。
まさに竜宮城に迷い込んだかのような至福の時間を、
参加者のみなさんに味わってもらうことを目指しました。

じゃあ何をつくる?
山県市と言えば美山杉!
スギでお箸をつくって食べる。
なんてシンプルなプログラムでしょう(笑)
161239808_3518053758304365_6900187244843129780_n.jpg

モーラナイフを使って削ります。
しかし、木をまっすぐ削るのって本当に難しい。
まずはナイフワークをしっかり身に着けていただきます。
160007751_3518053141637760_2085171903361221653_n.jpg
すると、難しさが楽しさに変わり鉋屑のような薄い削り屑が出ると気持ちよくなります。
集中するとあっという間に時間が過ぎます。
160163309_3518053448304396_6301265447009301110_n.jpg

自分のつくったお箸で食べるなんとも贅沢な時間。
160934919_3518053978304343_1030012834642868336_n.jpg
たくさんのみなさんに満足していただき、
また参加したいとのコメントもいただきました。
次ははし箱や箸袋をつくりたいなんてアイデアもいただきました。

店名の通り、アトリエキッチンりんりんで、
また楽しくつくって美味しくいただく講座をやりたいと思います。
たっちゃんよろしく!
(おの)
  1. 2021/05/05(水) 18:50:47|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川おんぱく「カレーの美味しいカフェでMyスプーンづくり」(2月26日・3月28日)

例年は秋に開催されている長良川おんぱくも、
令和2年度はコロナの影響で年度末にずれ込みました。

グリーンウッドワーク協会は二つのプログラムを企画。
二つの魅力的な飲食店とのコラボで開催しました。

一つ目は長良川鉄道美濃市駅前のカフェ灯家(あかりや)
マイスプーンを手づくりしてカレーを食べましょうという、
なんとも美味しいプログラムでした。
154368077_3473153632794378_5439648764244769248_n.jpg

講師は藤田まゆさん。
154637451_3475746735868401_5198841848455576770_n.jpg
まゆさんは森林文化アカデミーの卒業研究で
手づくりのコーヒーメジャーづくりのワークショップを開催しました。
今回はそのノウハウを存分に発揮してもらいました。

1回目は平日開催ということもあり参加申し込みが少なかったのですが、
少ない人数でまったりと、そしてじっくりと取り組み本当に贅沢な時間でした。
153832505_3475746639201744_7830737517761465144_n.jpg

2回目は休日の開催。
口コミで申込みがじわじわと増えて、
続けることの大切さを実感しました。
参加者の方からは、
時間を忘れて没頭したなんて感想もいただきました。
154302809_3475746529201755_7123350595021461071_n.jpg

そして、本格インドカレーの美味かったことと言ったら!
154871986_3475746452535096_33396219463919708_n.jpg

美味しくて楽しい講座をこれからも企画していきたいです。
154620580_3473153726127702_2063764511797349263_n.jpg
(おの)
  1. 2021/05/05(水) 18:23:25|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人の木育講座・番外編~グリーンウッドワークみえ(3月27日)

令和2年度最後の出張講座はグリーンウッドワークみえ

これまで、
第1回はじめてのナイフワーク・・・コロナのため中止
第2回スプーン作り
第3回シュリンクポット作り
第4回座編みの椅子作り

と回を重ねる中、
自分の道具を買いそろえる方も増えたことから、
皆様からのご要望にお応えする形で、
今回は番外編として、
刃物の研ぎとメンテナンス講座を開催しました。
165778480_2049746845168298_6714586234442683800_n.jpg

まずは、鋼材のこと、刃の形状、砥石のことなど、
基本的なお話をした後は実践です。
今回は皆さん一人一人に研ぎ用の箱や板などをご用意させていただきました。
165724773_3552546981521709_7829941370242442747_n.jpg

モーラのストレートナイフ、銑、斧、そして難関のフックナイフ
165251486_3552546631521744_3362863982064183053_n.jpg

研ぎを修行のように取り組むとなかなかハードルが高くなってしまうので、
研ぎ用の治具を積極的に使ってもらいます。
166238753_3552546898188384_2222155582617868733_n.jpg

持参の包丁を研ぎ直す方もいらっしゃいました。
165952243_3552547068188367_2706493881353821044_n.jpg

最後に樹皮編みのナイフシースづくりにも
挑戦していただきました。
165920768_2049746955168287_7803975051299371850_n.jpg
しっかりメンテナンスしながら、
マイナイフを大切に使ってもらいたいですね。
165175340_3552546734855067_2033827553383374807_n.jpg

<皆さんの感想です>
・今回の連続講座はワクワク楽しくできた。
・研ぎは未経験で知らないことばかり。練習あるのみ、頑張りたい。
・生木を使ったグリーンウッドワークは斬新。山との距離が近くなる。
・やり始めたら止まらなくなる。没頭する。
・木と向き合う時間は癒される。
・研ぎ方がわからずに潰してしまった包丁を復活させたい。
・これから道具を少しずつそろえて、自分でやれるレベルまで引き上げていきたい。
・誘われて参加したが、グリーンウッドワークの魅力にだんだんと引き込まれていった。
・硬いはずのナラが生木だと柔らかく削れた。
・面白い人たちのつながりをつくっていきたい。

☆グリーンウッドワークみえは次のステージに駆け上がります!
(おの)

  1. 2021/05/03(月) 22:41:54|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林文化アカデミー特用林産物実習(2月12日・13日)

NPO法人グリーンウッドワーク協会では、
岐阜県立森林文化アカデミーの学生さんに
ろうきんの森をフィールドとして活用してもらっています。

>>>2021年1月里山利活用実習
>>>2020年6月特用林産物実習

森林文化アカデミーでは舞茸栽培の実習において、
毎年県内の別の場所へ赴いて授業を行っているのですが、
2月と言えばコロナの第3波が押し寄せていたころ。
遠出を避けて、近場のろうきんの森で私たちの活動を
お手伝いして下さることになりました。

ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)の参加者の方との接触を
極力避けるために、日にちをずらしての実習となりました。
まず初日2月12日は朝からドラム缶でほだ木の煮沸殺菌です。
168424319_349667186865087_3868892629313960289_n.jpg
ひたすら火をくべて、お湯が減ったら足し湯。
168506492_129667802462122_6398633665592760107_n.jpg
待っている間はあれを焼いたりこれを焼いたり。
166958489_866399927241583_1010337152000965349_n.jpg
焼き串が必要だったら、さっと剪定鋏を取り出して削り出すのは流石!
167819937_362897474937302_3994779596522177325_n.jpg
ブッシュクラフトのスプーンづくりだったり
168557048_512717326393775_5700001449664062829_n.jpg
お昼も焚火を囲んで。
159985890_759899094664024_7505489743652236524_n.jpg
これが楽しいんですよね。

そして翌日の舞茸菌の接種のために、
専用のクリーンベンチを制作しました。
168400523_2800916800168608_926870762776390108_n.jpg
いつも使っている温室では人間が三密状態となってしまうため、
コロナ対策として人は外、舞茸はクリーンルームの中になるような、
新しい試みです。
168777625_448498039790654_7700008293474206688_n.jpg

手の位置は何処がいいだろうか。
167332149_452629785818036_5138741971204936829_n.jpg
素材は何がいい?
168656999_540046513648234_2002193141119909391_n.jpg
などなど、試行錯誤の上に出来上がりました。
149589460_3435429619900113_6234233800029887375_n.jpg

そして6時間ぐつぐつ煮出したら、
167194653_943438619743925_6052059183505403650_n.jpg
トングで原木を取り出して。
168503721_477348643304754_7830789027155800875_n.jpg
袋詰め。
167656431_282731549893662_3494444353476181402_n.jpg
一日冷まします。

翌日2月13日の植菌の様子です。
167572679_119784043418323_8702886844821297393_n.jpg
学生さんたちの息がぴったり。
167510551_1739619746221073_8121173957353653672_n.jpg
これなら、コロナ禍が過ぎた後の植菌の際にも、
今までより簡易な設備として長く利用できそうです。

もちろんその翌日に開催した
ろうきん森の学校の舞茸栽培連続講座でも、
一般の参加者の方たちにこの設備を使ってもらいました。
>>>森工塾「舞茸原木栽培」③舞茸菌接種と草木染め・舞茸ランチ付き(2月14日)

学生さんたちが管理棟の中で植菌している日には、
裏の森の工房では一般の参加者の方がドラム缶で煮沸殺菌。
学生さんが差し入れてくれた銀杏を焼いて美味しくいただきました。
149290124_3437141813062227_3646549261396467123_n.jpg
ありがとう!
これからもアカデミーの学生さんたちと一緒に
森の活動ができると嬉しいです。

アカデミーの学生さんと森工塾の参加者の方々が植菌したホダギは、
現在培養中です。
4月28日現在ではほぼ白く菌がまわってきました。
畑に植える日が楽しみです。

(おの)
  1. 2021/04/29(木) 00:06:36|
  2. ┗ 舞茸連続講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《出張ナイフ講座》森のわらべ多治見園 大人のナイフ研修会

昨年11月に多治見市の「自然育児森のわらべ(通称森わら)」でのナイフ講座。
森のようちえんの年長さんと小学生の子どもたちに
安全にそして楽しくナイフを使ってもらうための講座を開催させていただきました。

>>>子ども向けナイフ講座の様子

ナイフ体験を特別なイベントに終わらせるのではなく、
普段の保育や活動の中で使ってもらうためには、
まず大人がナイフに慣れる必要があります。

年度末の迫った3月12日に、
森わらの保護者とスタッフ向けのナイフワーク研修会を開催しました。
午前中は年長さんの保護者の方に集まっていただき、
広場に椅子を並べて、青空のもと気持ちよく削ってもらいました。
159459768_3513413955435012_9059664653338776233_n.jpg

この取組みに賛同して下さった森林文化アカデミー木工専攻の先生や生徒さんも、
自らの体験談などを紹介してくださいました。
159403618_3513413728768368_4639042794066923578_n.jpg

午後からは一転大雨。
場所を室内に変えてスタッフ研修会。
ナイフを使う際に、気持ちが落ち着く場所、場面、
座る椅子、姿勢などについて考慮する必要があります。
天候によって左右される場合も、
雨の場合は何処、風の場合は何処でやるのかを想定しておくことが大切です。
160017258_3762134333865112_1670309681605592219_n.jpg


子どもたちにどうやって興味を持ってもらうか。
必ず押さえておきたいポイントは?
子どもたちにキラキラを大切にしながら安全に!

子どもたちの未来のために、
皆さん真剣に取り組んでいただきました。

>>>森わらブログ

(おの)
  1. 2021/04/27(火) 23:40:46|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾「森の恵みを味わう~春・山菜編」(4月18日)


ろうきん森の学校 森工塾
「森の恵みを味わう~春・山菜編」


2021年度最初の森工塾
昨年はコロナで中止となった毎年恒例の山菜講座が
2年ぶりの開催です。
この春を待ちわびたかのように満員御礼。
ありがたいことです。
175345018_3891160590965323_5236953946881353759_n.jpg

ところが、皆さんご存知の通り今年の春は早い。
王道のタラノメ、コシアブラはずいぶん大きく開いてしまいました。

そして読めないのが天気。
天気予報では晴れマークだったのに、始まってみると大雨。
講師の柳沢先生の声が、雨音にかき消されるほどの荒天でした。
176275337_497270057983086_7463980696728890924_n.jpg

しかたがない、レインコートを着て出かけようと思ったら、
皆の想いが伝わったのか、空はすっかり晴天。
晴れ男、晴れ女が揃ったようです。
176398578_1708912289316904_5853365675656465300_n.jpg

タラノメやコシアブラが無くても食べられる草や木はいっぱいあります。
森林文化アカデミー教授の柳沢先生から、
食べられる植物、美味しくない植物、食べてはいけない植物を教わりながら、
皆で手分けして収穫しました。
175927533_447143136583043_7224991511772772522_n.jpg

さあ、お料理です。
🍴本日のメニュー
《山菜の天ぷら》
174880569_3891160297632019_9184350809545528037_n.jpg
・コゴミ
・タンポポ
・フジ
・コシアブラ
176239156_1773537599495350_788582536451389736_n.jpg
・タラノメ
・オオバコ
・タケノコ
・ノコンギク
174801451_2167329463398020_7785526470115471325_n.jpg
《おひたし》
・オオバタネツケバナ
・セントウソウ
・オオバコ
・アケビのつる
《炒め物》
・ワラビのペペロンチーノ
《サラダ》
・タチツボスミレ
・レタス
・サニーレタス
・プチトマト
《朴葉寿司》
・羽釜ご飯
・マスのフレーク
・椎茸の旨煮
・絹さや
・ニンジン
・山椒
・椿の花の酢漬け
・ダイコンの酢漬け(椿酢)
・ワラビの醤油漬け(ギョウジャニンニク醤油)
175701132_3891164887631560_461372222705976828_n.jpg
《リョウブ飯》
・リョウブ
・羽釜ご飯
《お吸い物》
・ワラビ
・タケノコ
・ネギ
・ニンジン
・あげ
174593228_2167329440064689_4648771459475262146_n.jpg
《ランチデザート》
・チーズケーキ(たかっしーからの差し入れ)
・イタドリのジャム
174658385_2167329560064677_1746190248289560388_n.jpg
《3時のおやつ》
・ヨモギダンゴ
・あずき
・きなこ
174353603_2167329403398026_8628698997402936733_n.jpg
《お茶》
・クロモジ茶(サクマさんからの差し入れ)
・クマザサ茶とマコモダケ茶ブレンド
・レモネード(勝島さんからの差し入れ)
177375558_506456027050723_6278283553516163654_n.jpg

ヨモギや椿は庭のものですが、購入した野菜はすべて
道の駅美濃にわか茶屋で選んだ地元の農家さんのもの。
差し入れ以外の山菜やタケノコは
古城山ふれあいの森で採れたものです。
176554510_1330211700696534_8009541683951295056_n.jpg
スーパーに行かなくても
こんなに豪華なランチができちゃう!
里山バンザイ💕

最後に柳沢先生のお話で印象に残った一言。
「今は都会の人と山の距離が離れてしまっている。
人を森や山へ目を向かせるためには、理屈ではなくて欲望!
美味しそう、食えそうだという気持ちが山をかまうことにつながる。
山菜が取れるようにするにはどんな手入れが必要か考える。
だからと言って都会の人みんなが山に押し寄せると大変。
意識の高い人たちが集まるくらいがいい。」
今回も良き学びとなりました。

(おの)
  1. 2021/04/26(月) 23:40:07|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

春ですねぇ。
コロナと、花粉と、黄砂を除けばいい気候ですねぇ。
金華山の萌黄の美しいこと。周辺の山のすそ野は竹の秋。もう少ししたらシイノキの花が金華山を駆け上って・・・
・・・成果報告です。

☆ 八つ目編みのトレーです。
  底の八つ目編みは何とか分かってきたけど、立ち上がり、角が難しかったです。
P4026714_convert_20210426103202.jpg
ξ しっかりしたものが出来て充分使えそうですよ。

☆ 八つ目編みの小物入れです。
  2個目だけど、前のことをあんまり覚えてなくて、やってるうちに思い出しながら作りました。
  1個作ったからと言って2個目が簡単に、というもんではなかったですね。
P4026716_convert_20210426103219.jpg
ξ 手は確実に慣れてきていると思いますよ。特に縁の火曲げがね。

☆ 四ツ目編みの盛籠です。
  編むのに精いっぱいで形が整えられません。
P4236751_convert_20210426103248.jpg
ξ 何とか納まりました。何個か作ってみたら手も慣れますよ。

☆ ござ目編みのコーヒードリッパーです。
  見た目が良いのでコーヒーが美味しく感じます。
  コーヒーフィルターに合うように広げて編むのが難しかったです。
P4236753_convert_20210426103307.jpg
ξ ホント広げるのは難しいですね。

使い方はこんな風で。
P4236756_convert_20210426103333.jpg

☆ 差し六つ目編みの籠です。
  洗濯物入れとして使うつもりだけど他にも使えそう。
  反省点は色々あって毎回指摘されるけど、その経験を活かせてないです。
  でも、何となくうまくまとまったと思います。
P4256757_convert_20210426103406.jpg
ξ 高台があって機能的にも良い形に出来ましたね。
  使ってみた上で、反省点を次にのものに反映できたら良いですね。

                        (キト)
  1. 2021/04/26(月) 11:30:37|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/19〜《森の工房ワークショップ》のご案内|ろうきん森の学校 森工塾


ろうきん森の学校 森工塾
森の工房ワークショップ
はじまります!



ろうきん森の学校岐阜地区
今年度の一大イベントは森の工房 増設計画です!

172316006_3876609182420464_2115003806380595166_n.jpg

なんて、
2017年05月のブログに倣って書いてみましました!

http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/blog-entry-954.html

この時は
森とつながるものづくり工房として、
一年かけてデッキと倉庫、日干しレンガのかまどをつくりました。

172224258_3876790555735660_6515207068107216542_n.jpg171471216_3876790399069009_1820111112419495133_n.jpg172033918_3876790449069004_4973045989868654658_n.jpg171781870_3876790522402330_4473425660191313955_n.jpg

今年はさらにデッキを増設し、
シャワー室をつくったり、屋根のへぎ板、壁づくり、屋根工事に柿渋塗装まで
ワークショップ形式でみんなでつくっていきます。

172254150_3876791619068887_3920011819078711197_n.jpg

これまで夏キャンプなどは近くの温泉まで往復していましたが
行って帰るのに1時間くらいかかるのと
コロナ禍で温泉を利用するのが難しくなっていることから
シャワー室をつくることにしました。

いま流行りの森サウナもやってみたい!
ほんとはサウナのあと長良川に飛び込みたいところですが
行き着くまでにすっかり湯冷め?して
「ととのう」なんて無理な話と諦めていました。
シャワー室ができればそれも実現可能に!

グリーンウッドワーカーの夢のあそび場&たまり場を目指して
どんどん楽しいことしていきますよ。

初回は、ウッドデッキWS。
今回も一般社団法人inkさんとご一緒します。
4月19日朝9時から受付開始です!
みなさん予定をあけておいてくださいね♡

===================
ろうきん森の学校
森工塾
森の工房WSスケジュール
===================


①ウッドデッキWS
6月19日 (土曜日)

ウッドデッキを基礎からつくります。
基礎石につかを立てて下地をつくってヒノキの板を固定します。
ウッドデッキをゼロから作ってみたい人におすすめの講座です。

②屋根のへぎ板と壁づくりWS
7月23日 (金曜日)

栗の丸太をマンリキという道具を使って割り薄い屋根板をつくります。 
それと並行して小屋の壁に杉板をはります。

③屋根の工事と柿渋塗装WS
8月21日 (土曜日)

前回作った屋根のへぎ板を使って屋根をふきます。
並行してウッドデッキなどを柿渋で塗装します。

===================
場所:ろうきん森の学校(岐阜県立武義高校東側の森)
時間:9時~16時
対象:大人(中学生以上)
定員:各回10名(先着)
参加費:一日1000円(昼食・保険代込み)
主催:NPO法人グリーンウッドワーク協会
共催:一般社団法人インク

  1. 2021/04/19(月) 16:45:23|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5/30《足踏みろくろで木の器づくり》のご案内|ろうきん森の学校 森工塾

※この講座は定員一杯となりましたのでキャンセル待ちのみ受け付けます。

2021年度最初の木の器づくり講座(2021/5/30)のご案内です。
足踏みろくろで生木を削って器をつくります。


IMG_20200627_105247_202009171141014fc.jpg

電気は使いません。人力のあしぶみろくろを一日中踏み続けます。
体力勝負の作業ですが、刃物を当てる角度がピタリと合うと
シュル―っと細長い削りくずが出て、気持ちよく削れます。
少人数制の講座のため、参加を希望される方はお早めにお申し込みください。

ろうきん森の学校
森工塾(もっこうじゅく)
足踏みろくろで木の器づくり


IMG_20200802_161947_20200917114102a29.jpg

===================================
足踏みろくろで木の器づくり講座
===================================

■日程:令和3年5月30日(日)9:30~17:00

■場所:みの木工工房FUKUBE(岐阜県美濃市長瀬545番地)
 公共交通機関がありませんのでお車でお越しください。

■定員:5名(先着順)

■参加費:6,000円

■講師:大村裕茂(NPO法人グリーンウッドワーク協会)

■申 込 
※この講座は定員一杯となりましたのでキャンセル待ちのみ受け付けます。



上記フォームがご利用いただけない方は
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号・利き手』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com

=注意事項=
※キャンセル料
開催日直前のキャンセルはキャンセル料が発生します。
・一週間前から3日前まで…参加費の50%
・2日前から当日…参加費の100%

▶開催日の一週間前に詳細の案内をメールにてお送りします。持ち物や駐車場の場所等はそちらでご確認ください。
▶開始時刻の10分前までに開催場所にお集まりください。
▶動きやすい服装でご参加ください。(サンダル、スカート等はご遠慮ください)
▶傷害保険に加入しております(保険料は参加費に含まれています。)が怪我等には十分ご注意ください。
  1. 2021/03/30(火) 00:00:00|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ